中国移住生活あるあるvol.18~食べ物編・○○が恋しい?その2 編~

Japanese Seaweed 海苔「のり」 by geraldford

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


中国生活を通して恋しくなった日本食


前回同様,日本の食材や料理の中で“食べたくなった”モノ編です♪。出汁(だし)に続いては,「焼き海苔」ですね。(またまた素朴な食材ですいません。m(__)m)こういう時に,日頃の粗食(粗末な?)が,食生活の有り様が露わになってしまいますね~。

海苔は,出汁同様,日本食の定番ですね。ただ,“おにぎり”とか“のり巻き”は別として,上の写真のような焼き海苔を私は積極的に食べる方ではありませんでした。例えば,旅館の朝食などで焼き海苔が出されたとしても,他のおかず(納豆とか焼き魚などなど)は必ず食べますが,焼き海苔には手を付けずに残すことがほとんどでした。なので,私が焼き海苔に手を出さないことを知っている家族は,すかさず「(海苔を)もらっていい?」と言いつつ,口に入れていることもしばしば。(――゛)

 

2Japanese cuisine, washoku, breakfast: 和食、朝食 by Nullumayulife

 

 

 

それが,中国で暮らすようになってから,とにかく「焼き海苔」を食べたくなりました。

それも「味付き海苔」ではなく必ず「焼き海苔」!です。炊きたての白いご飯と焼き海苔の組み合わせは,一時期,私のベストメニューでした。(ホントに我ながら昭和感満載?だなあ,と思います…)

 出汁にせよ海苔にせよ,それまで好んで食べていなかった食材が急に食べたくなったりなど,短期間の海外旅行と自国を離れて長期間生活することは,やはり大いに違いがあるんだなあ,と改めて感じましたね。私の場合は,どちらかというと,自分が今すごーく食べたいものは,現在身体が必要としているものに違いない!と決めてかかっているので,「出汁と海苔は(日本人の)自分の身体が今必要だと言っているのだー」と騒いでおりました…(*^_^*)。

 あと,この2つほどではないですが,頭によく浮かんでいたのは,抹茶ですかね。お茶は中国茶を日頃よく飲んでいたせいか,まず日本茶が飲みたくなりました。中国茶も当初は物珍しさも手伝って,普洱茶,鉄観音茶,茉莉花茶,菊花茶,四湖龍井茶などいろいろ飲んでみましたが,やはり飲み続けていると,日本人にはといいますか,私にはちょっと“強すぎる”感がありまして,いつのまにか飲みなれている日本茶に戻りたくなりました。

 で,特に飲みたくなったお茶が抹茶です。日本で抹茶を好んで飲む習慣などなかったのですけれど,不思議なことに出汁や海苔同様,急に飲みたくなりましたね。こんなことが続きますと,“私にも日本人のDNAが刷り込まれているんだなあ~~”,と実感いたしました。

3

抹茶@旧岩崎邸 by sor

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

にーな

ライタープロフィール:本を読むことと文章を書くことが好きな主婦です。中国国内及び東南アジア方面への旅行経験が豊富です。また,中国在住歴があるので「中国生活あるある」も披露できたらと思っています。よろしくお願いします。