フィンランド旅行のお土産にベリージャムはいかが?

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


雪の国フィンランドは

冬以外の季節を大切にする!


北欧、フィンランドは氷と雪の国であり、オーロラを見る事が出来るという、まるで不思議なお伽話の世界のような国です。

生きた童話の国、それが多くの人が持つフィンランドへのイメージでしょう。

そんな不思議な冬のイメージの国フィンランドは、だからこそより冬以外の他の季節を楽しみ、その恵みを大切にします。

その象徴がこのベリーなのです。

 

■驚きの種類、フィンランドのベリー


 

2 

フィンランドのベリーは基本的に森に生る物をイメージする物です。

フィンランドの夏は恵みの季節で、その恵みは森に豊かに実ります。

その中でも豊かに森を彩るのが豊富な種類のベリー類なのです。

フィンランドの市場を覗くと、そのあまりのベリーの種類の多さに驚くと思います。

イチゴや木苺、ブルーベリーはもちろんの事、ビルベリー、クラウドベリー、コケモモ、クランベリー、フサスグリ等々、書き連ねてしまうと終わらないぐらいの豊富さです。

このベリー類に対するフィンランドの人々の愛情はその味わいもさることならがら、その彩りが森を美しく輝かせる事に対する喜びもあるのではないかと思います。

それぐらい森に生る野生のベリーの美しさは格別のものがあるのです。

 

■愛するベリーをいつでも食べられるように


3引用元 http://moimoisuomihiro.blog.fc2.com/blog-entry-196.html

 

ベリージャムはそんな森の恵みであるベリーをいつでも美味しく食べられるように加工する人々の知恵から生まれた物です。

またフィンランドではジャムだけでなくジュースにしたり、冷凍保存にしたりして、ベリーをいつでも美味しく食べる事が出来るようにしているようです。

そんな愛情の篭ったフィンランドのベリージャムはフィンランドのスーパーに行けば沢山並んでいるのを見ることが出来ます。

また、濃縮ジュースも販売しています。

日本でお馴染みのイチゴもこちらの物は酸味が強いのでジャムにするとちょうど良い美味しさになります。

日本ではあまりお目にかからないようなベリージャムも沢山あるので、いくつかおみやげに買って帰って試してみてはいかがでしょうか。

フィンランドの人々の健康の源はこのベリー類と現地の人々は考えているので、その元気をおすそ分けしてもらいましょう。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

mojimoji

知らない事を知る事が大好きなおばちゃんライターです。 物語を読んだり、海外の日常的な暮らしを知ったり、違う文化を体験したりする事に興味があります。 最近ハマっているのは電子書籍やスマートフォンで遊ぶねこあつめというゲームなどです。 電子書籍は無料で1巻丸々試し読みが出来る時などがあるので、今まで読んでなかったジャンルにも挑戦出来るのが楽しいと思います。 若い頃はウルティマオンラインというMMOゲームなどもやっていました。 ゲームの中で海外の人と交流出来るのは面白かったですね。