タイでの不動産投資はリスクあり?今流行の東南アジア不動産投資は実際どうなの!?

Bangkok, Thailand by jafsegal

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


どうしてもマイナスイメージが先行する

『海外不動産投資』


海外での不動産投資というと、かなり危険性を感じて投資する人は本当のお金持ちかリスクをとっても投資する投資家精神(能力)のあるひとでないとなかなか踏み切れないのではないでしょうか?私も実際海外に住んでみて、投資するのは勇気がいることであると実感しています。それでは、タイの不動産投資はどのぐらいリスクがあり、どの程度のリターンの可能性があるのでしょうか?この質問に答えられる人はほとんどいないと思います。しかし、正確に答えられなくても大体の予想をすることは可能です。

 

 まず、タイの人口から考えてみてみましょう。タイでは、まだまだ若い世代の方が中心になっており、活気があります。経済力は先進国と比較すると現在では明らかな格差がありまだまだという部分もあります。今後、経済発展は今までにないスピードで進み、経済の流れは国内のみの影響だけではなく、更に海外諸国(アジアを中心とした)市場の広がりを見せることは明らかです。都市の機能が拡大して、経済が回ることで市場が大きくなり人口の流入が始まっていますので、不動産の価格はこれから上昇すると期待されています。4出典: http://stasiatest.sakuraweb.com/tyai_start

 

 しかし、良いことばかりではありません。例えば、カントリーリスクも考えなければなりませんし、投資するにあたって他の要因も考慮する必要があります。特に、政治が不安定であると海外からの投資は中断、または既に進出している企業がタイから撤退するという事態も考えられます。以前に、タイでは何度か暴動やデモがあり軍事政権が関係しています。海外から個人ベースで投資するということはその様なリスクも考えたうえで行うことが必要です。5

出典:http://www.aric-japan.com/thailand/seminar/41/

 

 アジア諸国で、不動産の建設ラッシュになっていることもあり、一例ではフィリピンのセブ島やその他のアジア諸国の主要都市がその様な状況になっている、またはこれからなってくる可能性が十分あります。

もう一つの考え方として、日本で不動産投資をするのが良いのか、これから発展するタイでの投資が良いのか(その他のアジア諸国でもよいのですが)選択をプラス要因とマイナス要因で考えて総合的に判断していくという方法をおすすめします。日本の不動産は、既に空き家問題なども顕著化していますので、投資のための物件選びは慎重にしないといけません。まずは、タイを訪れてみて検討することからはじめてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Sato777

サッシーです。海外留学から日本に帰ってきて日本の生活になじむのも結構大変だなと認識している今日この頃です。いろいろなことに興味があって、クリエイティブな発想(奇想天外?)と行動力(フリースタイルでよく脱線)で新しいことを創造していきたいですね!よろしくです^^)