アメリカ・ロサンゼルスで歯医者さんに行ってきた☆

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

Dr. Alan Carr points out the broken root or bad root canal of a right rear molar (tooth), dental tool, orthodontist’s office, full jaw Xray, Factoria, Washington, USA
by Wonderlane 


保険対応や初診などの流れは?


私の場合、トライケア(スヌーピーのシンボルでおなじみ、日本ではメットライフ生命)に加入しています。年に2回の無料の歯のクリーニング治療が付いていますよ。アメリカでは各保険によって対応や、料金が異なりますので、自分でしっかり保険についても勉強してください。私のお勧めはメットライフ。LA市内でも数多くの病院に対応していて、トライケアで治療を受けています。

いちばん注意して欲しいのは、日本とアメリカでの大きな違いはアメリカでは保険に入るのは義務になっていることです。2014年にオバマケアと言って、必ず保険に加入しないと罰金が科されます。所得に応じて補助金がもらえたりもありますので、きちんと調べて活用してください。※歯科治療や検眼の場合保険に含まれていないことも多いので、自分のポリシーを確認して下さいね。

今回はコリアタウンにあるデンティスト(歯科)へ行ってきました。インターネットからも近所や口コミを検索できますので、アメリカの病院を選ぶ際に、女医だったり、学歴だったり、近所だったりなど検索できるネットサービスがあります。DENTIST NEAR ME(私の近くにある歯医者)と検索すると出てきます。

個室はこんな感じ↓で、このパネルでレントゲン写真を写して説明がありました。

12295371_928491193864808_6422602297426627614_n 12311260_928491150531479_1911474596002388820_n 12341252_928491177198143_6764199665702782805_n↑看板にも出ている通り、各種保険対応の歯医者さんです。問い合わせて確認してね☆ここは先生も受け付けもみんな優しくて夫婦で開業しています。値段的にはごく普通な場所です。

私も日本で歯の治療は全部行ったのにもかかわらず、わずか半年で虫歯3つも見つかりました。

歯医者さんでは私は女医のいる場所を検索して予約しました。初めに、初診診断で心臓疾患やアレルギー、今までの病歴などを書きこむ用紙をもらい30項目ほどチェック項目がありました。妊娠している場合などはきちんと伝えましょう。それから受診は歯のレントゲンを撮って治療開始です。日本のように時間をかけて治療するのではなく、一気に3本治療してきました。クリーニングも一緒にやったので実際4時間くらい歯医者に居ました。この日、歯を治療して値段は0円でした。3か月後に銀歯のかぶせ物を白いクラウン(歯のかぶせもの)に変更する予約をして帰りました、次回は2-3万円と言われました。ですから、もっと安い歯医者さんを調べて変えようかと思っています。アメリカでも値段がそれぞれ違いますので、よーく調べないとお金がかなりかかりますので注意してね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

梅子

『梅子です。』 現在LA生活をエンジョイ中。 海外での困ったことや、面白かったネタ、また日本では体験できないことなど、苦労話、または役に立つ情報を皆さんにお届けして参りたいとおもっております。時には日本語講師で外国人に日本語を教えながらと、日々見知らぬ土地で頑張っています。趣味は軍事政治やアメリカの歴史を読むこと。幼少時代からアメリカの文化に興味がありLAへやってきました。多くの日本人が旅や移住で困らないように現地を詳しくレポートして記事にしていきたいと思います。