激安!フィリピン大学院留学!前編

Intramuros Stitch by Monica’s Dad

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 


じっくり学べるフィリピン留学


以前の留学先と言えば、アメリカやカナダ、オーストラリアが圧倒的な人気を誇っていましたが現在では新興国が台頭してきています。英語を学びたいならフィジーやインド、中国語を学びたいならマレーシアや台湾など、留学先も自由に選べる時代に入っています。

留学先を決める要因としては単純にその国に住みたいというものや、その国の文化に興味があるというものなど、語学を中心に考えずに生活と言う部分を重要視している留学生の方も多くいます。そんな中、若者を中心に留学の人気国となったのはフィリピンです。

フィリピンではワンツーマン授業を売りにしていますが、それは語学学校の話で、フィリピン大学院留学というのもじわじわと人気が出ています。フィリピンの大学院は専門が細分化されていて、自分に合ったコースを選ぶことができることも魅力のひとつです。

しかも、博士号まで取得可能なんです。もちろん授業はすべて英語ですし、博士を取得できたら今後のキャリアに役立つことは間違いないでしょう。自分のニーズに合わせて学士から取得することができるので自分のペースでスキルアップすることができます。

フィリピン大学院留学の魅力のひとつはなんと言ってもその安価な学費と生活費です。外食をしてもとても安いですし、生活費は日本とは比べ物にならないくらいの費用で過ごすことができます。しかも、1ヶ月の学費は2万円ほどでかなりリーズナブルな値段で済むのです。

404394022_5205efd097_bIMG_2010 by Monica’s Dad

フィリピンの大学院ではパートタイム式がとられています。フィリピン人の大学院生は働きながら通学することが一般的なので、パートタイム形式を採用する大学がほとんどです。なので、夕方までは自分の時間を持つことができ、学生の生活をより充実させることができます。

また、授業を柔軟に配置することができますので、自分の好きな曜日や時間に設定できます。多くの学生は週2日のペースで通学する学生が多いようです。このように、ライフスタイルに合わせて留学生活を送ることが可能なので、極端な例で言えば、1週間に1日のみの授業でも良いので、自由に旅行をしたりバカンスをしたりする時間をとることができます。

自分の時間があることだけではなく、友人も多くできるので大変オススメの留学方法と言えます。このように自由に、そして安価に留学ができるため、多くの外国人がフィリピンの大学院に進学しています。

日本ではまだポピュラーではないので、大学内で日本人に会うことはほとんどありません。なので、すべて英語での会話になるため、大変勉強になる留学方法とも言えます。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

tetsuro

大学卒業後に1年半の海外留学を経て、海外語学学校、旅行会社、留学斡旋会社に勤務。その経験を活かし、旅行や留学に関する執筆を行っております。夫婦合計30ヶ国以上の渡航経験があります。楽しさの中にも有益な情報をお伝えできる記事を心がけて参ります!よろしくお願いします!