ロサンゼルス移住生活〜アメリカで引っ越しは自分でやるのが当たり前!友人3人とトラック大型借りて引っ越し作業!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


アメリカロサンゼルス移住生活住居変更

〜引っ越し編〜


今回は更に大きなトラックを借りました。Budgetという会社のトラック。クーポン張り付けておきますね↓

4https://www.budgettruck.com/?gclid=CKPcxa3868cCFUlqfgod3KAH_Q&dclid=CN7mzK3868cCFcwHRQode74OFA

日本のトラックでした。レンタルは1日100$。でも夕方5時までに返却しなければなりませんと書いていましたが、親切なオジサンなのかそこのシステム上なのかわかりませんが、5時以降になったら車を駐車場に止めて、鍵をポストに投函してもかまわないとのことだったので、そうさせてもらいました。保険料をかけたい方は、追加で20ドル支払います。私は朝の10時open開店同時に行きました。借りる際はオジサンが傷のチェックを一緒に車一周行って、使い方などを説明してくれました。こちらのトラックは電動でアップダウンが可能でしたので楽でした。

16あと、無料で冷蔵庫などを運ぶ際の荷車も貸してくれました。アメリカでは引っ越しは自分で行う方が多いです。

メジャーなのはUhallの会社ですが、今回はあえて記事も書きたかったので、違う会社にしてみました。

車は6種類ほどしかないこじんまりした会社でしたが、丁寧で良心的でした。この大きさで日本で言うやく3Ldk分の荷物が一回で運べました。

車は普通免許で大丈夫でした。このサイズの運転はかなり揺れが激しくて高速ぶっとばすと怖いくらいでした。

でも前に3人乗れました。相変わらずアメリカのトラックはクーラーエアコンが付いてないです。暑くてぶっ倒れそうでした。

金額で言うと、半日かけて引っ越しで使用する場合はこちらの会社がお勧めです。時間で少量を運ぶならばUhallの会社がお勧めですね。ユーホールだと金額が1時間につき20ドルからレンタルできますのでうまく時間とお金を有効に使う手段を選んでください。

またアメリカでももちろん使った分のガソリンは満タンにして返却する義務があります★

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

梅子

『梅子です。』 現在LA生活をエンジョイ中。 海外での困ったことや、面白かったネタ、また日本では体験できないことなど、苦労話、または役に立つ情報を皆さんにお届けして参りたいとおもっております。時には日本語講師で外国人に日本語を教えながらと、日々見知らぬ土地で頑張っています。趣味は軍事政治やアメリカの歴史を読むこと。幼少時代からアメリカの文化に興味がありLAへやってきました。多くの日本人が旅や移住で困らないように現地を詳しくレポートして記事にしていきたいと思います。