ロサンゼルス移住生活〜アメリカのペット事情!犬や猫のえさはどこで買う?〜

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


ペット愛好家が多いアメリカでペットを買う


アメリカではペットショップで購入するより、マーケットで購入する方が、クーポンが使えたりと、割と安く購入できるかと思います。ペットコーナーは1列に大きくあるのでたくさんの種類がありますよ☆私もたまに70円くらいの猫缶買って近所の猫ちゃんに餌やりしています。

アメリカではほとんど野良猫や野良犬を見ません。確かに、ここへ住んでみて一度も野良猫や野良犬を見たことがないですね。アメリカはペットと共に暮らす人が多いのでその点、野良を見ないのでしょう。ホームレスはたくさんいますけど。ホームレスもワンちゃんを連れてる方が多いです。日本のドックフードやキャットフードと比べても値段の差は感じないです。

また猫用だと、砂などもきちんと販売されていますし、ペットシートなども大体同じ値段で販売されていました。9

11

ここのお店は『food4less』と言って、商品がすごく安いお店です!最近はここで買い物ばっかりしています。ペットエクスプレスというお店もありますが、そこも私の中では格安ランキング2位です!値段も安いし、ペット専門で行っているので、店員がペットについて詳しい方が多く、いろいろなことを相談できます。

その犬や猫に合ったものをお勧めしてくれますし、ネットで見ても安い値段で販売されていることから人気があります。

 

『ペットエクスプレス』http://www.yelp.com/biz/pet-express-los-angeles-2 ←口コミを見てもわかるようにみんなが5スターしてるほどです!

 

近所にこのお店がある人は、ここをお勧めします!ここだと犬用の歯磨き粉や体に悪くない天然素材のドックフードなど犬用のオーガニック商品も購入できます。

また知識が豊富なことからいろいろと話を聞くことによって、犬や猫の病気も防ぐことができますね☆

アメリカで私の猫ちゃんを去勢手術した際に、私がまだお金があまりなくて、去勢手術だけでも6万円ほどかかることを相談した際に、こちらのペットエクスプレスのおじさんが紹介してくれた獣医さんで去勢手術が2万5千円ほどで済みました。

学生やお金のない人だけが国から保証金を受けられるシステムを教えてくれたのです。その時は学生だったし、まだ安定した仕事に就いていなかったから国からの補助金で猫ちゃんの去勢手術ができました。

場所的には小さくて個人経営だとすぐにわかります。しかしスーパーで専門知識のない店員にペットフードのお勧めをきくよりも、いろいろと何かと相談できるペットショップの方が良いかもしれませんね。

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

梅子

『梅子です。』 現在LA生活をエンジョイ中。 海外での困ったことや、面白かったネタ、また日本では体験できないことなど、苦労話、または役に立つ情報を皆さんにお届けして参りたいとおもっております。時には日本語講師で外国人に日本語を教えながらと、日々見知らぬ土地で頑張っています。趣味は軍事政治やアメリカの歴史を読むこと。幼少時代からアメリカの文化に興味がありLAへやってきました。多くの日本人が旅や移住で困らないように現地を詳しくレポートして記事にしていきたいと思います。