ロンドン地下鉄でバーチャルリアリティーヘッドセットOculus Riftをつけた通勤中の女性が目撃される

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


日常の中でバーチャルリアリティを楽しむ時代の到来!?


 

ロンドンチューブ(Tube=地下鉄)で奇妙な通勤中の女性がいると画像投稿サイトimgurにある画像が投稿され話題を呼んでいる。

女性が目撃されたのはロンドンの南東部のエレファントアンドキャッスル駅から北西部までをつなぐベーカールー線(Bakerloo line)の車内。

最近何かと耳にすることが多いVR(バーチャルリアリティ)に特化したヘッドマウントディスプレイのOculus Rift。もともとクラウドファンディングサイトKickstarterで始まったプロジェクトだが2014年にFacebookが20億ドル(2400億円)で買収してからいっきに火がついたのは記憶に新しい。

Oculus Riftのさまざまな使用法が日々インターネットで更新され続けているが、机に座ってコンピューターにつないで使うのがいつの間にか当たり前になっていた。

 

そのOculus Riftをある女性がなんと地下鉄車内という公共スペースで堂々と使用し、退屈な日常の現実世界から離れ、バーチャル空間を一人で楽しんでいたのである。

 

 

湧き上がる疑問


 

英語圏で爆発的な人気を誇るソーシャルニュースサイトRedditでこのOculusロンドン通勤女性についての憶測が飛び交っている。

 

「この車内の座席の柄いったい何なの?気持ち悪るっ!」

「だから彼女はバーチャルリアリティヘッドセットつけてるんだろ」

「見渡して、”ああああ、よっぽどましっ!”ってね」

 

「これは間違いなくハーフライフ3をやってる」

「彼女のこの顔の満足感からアルファ版のテスターなのがわかるね」

 

「まあロンドンの地下鉄にはエアコンもないししょうがないわな」

 

「マインド・ザ・クラップってことだな(車内アナウンスのMind the gap”車両とホームの間のギャップにお気をつけください”をもじってMind the crap”クズにお気をつけください”)」

 

私個人的には通勤中のバーチャルリアリティによる現実逃避には賛成です笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。