イギリス旅行記3〜ロンドン郊外で友人とラズベリー摘みに行く〜

ロンドンから列車に乗って30分もすればケント州。セブンオークスというところに友人が住んでいます。泊まりにおいで~と言ってくれたので遠慮せずにうかがいました。

スポンサードリンク

駅にはご主人が迎えに来てくれ、友人本人はチャリティーのため60キロウォークに出かけてるとのこと。どんな体力だ!とまあこんな大変な時に泊まりに行ったわけですが、奥様が帰って来るまでご主人が私の話し相手&お茶相手になってくれ、広い庭で何杯もお茶を飲みながらおとといもらったという超甘いケーキを切り分けてくれて食べました。

マーケットでケーキでも買って行こうかと思っていたので、買わなくてよかったとちょっと安堵。

 

こちらのご家族とは仕事で日本に来ていた時に知り合ったのですが、日本での生活で思い出すこと、現在の生活のこと、私の暮らしのことや日本とイギリスの違いなどたくさん話すことができました。

ご主人は紅茶が好きらしく、あとで友人が「たくさん紅茶飲んだんでしょう?とにかく紅茶ばかり飲んでるのよ」と教えてくれました。確かに人生で一番紅茶を飲んだ日かもしれませんが、全然苦じゃなく、本当に喉が渇いたというか紅茶が何杯でも飲めるような美味しい紅茶でした。

 

やっと友人が帰って来るというので、13歳のワンダイレクションばりのイケメンに成長した息子さんと一緒に近くまで迎えに行き、その疲れただろう身体のまま近くのパブまで行って一緒に夕食を食べました。

日本でパブというとお酒を飲むところというイメージですが、パブランチという言葉もあるほど、伝統的なイギリス料理を食べたいならパブに行くのがオススメです。

 

ところで日本と比べるとそりゃ涼しいとは思っていましたが、どうやら私が到着した途端、雨続きの上にとにかく寒い!気温が20度前後なんですよ!友人宅に到着した日は晴れてましたが、翌日はまた雨。そしてかなり寒い!1

友人は前日60キロも歩いたというのに「絶対にラズベリー摘みにつれてってあげたいから!」と疲れた身体をおして近所の農場へ連れてってくれました。双方ダウンのジャンパーにフリースのジャンパーを着て…。「足は濡れるから娘のサンダルを履きなさいよ」と言われたのですが、クロックスじゃん…。必然的に素足ってことでフリースにジャンパーしかし素足で雨は降る…絶対風邪引きそう!とか思いつつもご主人と3人でお鍋3杯分のラズベリーを摘み、友人がすぐに煮てジャムにしてくれ、私に持たせてくれました。名称未設定

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

marimarin

大好きなミュージシャンがいるイギリスに行きたくて、アルバイトをしてお金を貯めてその地を踏んでからもううん十年。 結婚して子供もいてなかなか思い通りにはなりませんが、それでも数年ごとにイギリス旅行を満喫しています。 現地にはイギリス人の友達もいて、異文化も楽しみながら新しいイギリスを発見しています。 イギリスでの楽しかったこと、苦しかったこと、あり得ない体験談、役に立つ情報などをお届けしたいと思っています。 夢はいつか移住をすることです!