アイルランド留学Vol.16〜ロンドン〜

・ロンドンへ初めて一人旅

 

旅行の話が出たので、ここでちょっと旅行記を書いてみようかと。

 

私の(アイルランドからの)初・海外旅行は、イギリスのロンドン。在職中にお世話になった人が仕事でロンドンに来るということで、会いに行くことにしたんです。

スポンサードリンク

その時はまだアイルランドに渡って1ヶ月?とかそんな程度。英語もままならない、というか全然ダメダメな状態。でも行ってみることにしました。

 

ロンドンには行ったことありましたが、一人で行くのは初めて。加えて、自分の力だけで海外のへの飛行機手配、ホテル予約も全く初めて!(格安)航空会社の、当然のことながら英語の記載しかないサイトとにらめっこし、友達に教わりながらチケットを予約。ホテルも初めて利用したホテル予約サイトにて無事に予約。ロンドンの地図は事前にアイルランドの本屋で入手。…今思えば、こんなんで本当によく行けたものだわー(笑)。

 

ちなみに、今回の旅行で初めて知ったのですが、アイルランドからイギリスへの渡航は、国内旅行扱い。だから、イギリスの空港に降り立っても入国審査はなし、するーっとイギリス入りできちゃいます。イギリスからアイルランドへの場合は、入国審査がありますけどね。

 

で、降り立ったロンドン、知ってはいたけど当然のことながら大都市で。日本では東京に住んでた私ですが、数ヶ月ぶりの大都市、しかも右も左も、言葉もわかりませーんってなわけで、地図を見ながらキョロキョロ、完全なるオノボリさん状態(笑)。予定していた場所へは事前に地下鉄路線図をチェックし、この駅で地下鉄に乗ってここで乗り換えて…と、このへんは東京と同じ感覚。全く問題ないわー♪と、地下鉄の駅に行ってみると…あれ?地下鉄の入口に人だかりができている。近づいてみると…

 

入口、閉まってる。。

 

何が起きてるのか全く状況がわからない私。駅員が何か叫んでいるのを聞いてみるけど、何言ってるかわかりません。。で、隣にいた女性に何が起こってるか聞いてみたら「ホームに人が多すぎるから閉めてるんだって。隣の駅まで歩けって」と。

 

慣れない土地なのに。なんてこったい。。

 

ちょっと待てば開けてもらえるかな?…しかし、様子を伺っても一向に開けてもらえる様子はなさそうで。仕方なく、ひと駅歩きました。地図があったから良かったものの、そうじゃなかったら確実迷子でした。

 

アイルランドでは地下鉄はないし、電車はあるけど、交通手段のメインはバスだから、人が多すぎて駅が閉鎖されるなんてことはまずあり得ません。バスが混み過ぎて乗せてくれずに目の前素通り、ということはありますが。久々に、大都市の洗礼を受けた気がした出来事だったのでした。

 

 

写真1枚目:ビッグベンと赤い2階建てバス。

11

ロンドンといえばやっぱりこれでしょう。ちなみに、アイルランドのバスは黄色の2階建てバスです。

 

写真2枚目:バッキンガム宮殿前。

12

衛兵の交代式を見てきました。日曜日は、通常の衛兵交代式より大規模な内容で開催されて、見ごたえがあります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

しのぱん

しのぱんです! エンタメ業界で働きまくった日々をくぐり抜け、英語習得のためにたどり着いたのはなぜかアイルランド。語学学校に数ヶ月通ったものの、そこそこレベルの英語力で帰国。迷った末にワーホリビザを取得して、これまたなぜか再び渡愛。皿洗いで生計を立てつつ、外国生活、ヨーロッパ旅行の日々お気楽暮らし。しかし、気づけば滞在歴トータル2年とちょっと。30歳も超えて、『職業:皿洗い』じゃマズイだろ、と今度は本当に日本に帰国。転職を繰り返しつつなんとか社会に復帰して、たまの海外旅行で満足している今日この頃です。 当時の生活、海外旅行記などを書いていこうと思ってます。あくまで個人的な経験を書いていくのでお役に立てる内容ではありませんが、暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします☆