バレンタインチョコの定番ゴディバの理念は「愛」

Godiva by Claire mono

バレンタインデーギフトとして贈られる高級チョコレートブランドが数ある中、最も有名なのはベルギー王室御用達のゴディバでしょう。その企業理念が「愛」であることをご存知でしたか?

 


ゴディバの歴史は1926年ブリュッセルで始まる


16061495599_3650e9e763_k

Godiva by Bill Smith

ゴディバの歴史は創業者の両親の時代に始まりました。ブリュッセルのチョコレート職人であったドラップと妻が自宅の地下室でチョコレート工房を開いたのが1926年です。
4人の子供たちも両親とともに工房で働く、家族経営のショコラティエでした。ドラップ夫妻の死後に兄弟のひとりジョセフがゴディバ社として創業し、他の3人もそれぞれの得意分野で貢献を続けました。

4250992959_782bfdc526_b

Grand Place and chocolate by Marco Chiesa

ゴディバの旗艦店は「世界で最も美しい広場」として名高いグラン・プラスにあります。

3635003351_307b6381e8_b

Godiva, Bruxelles by Joseph Brent

ガラスのショーケースに写るグラン・プラスの名建築ごと記念撮影がオススメ。

スポンサードリンク

ゴディバのロゴにこめられた愛の精神


528749122_d7d980beaa_b

Godiva by Claire mono

ゴディバのロゴマークは馬に乗った髪の長い女性です。11世紀のイギリス・コベントリーの領主であったレオフリック伯爵の夫人、レディ・ゴディバ(ゴダイバ)を表しています。他人のために自分を犠牲にして勇気ある行動をとった慈愛深い女性として歴史に名を残しています。

ショコラティエ「ゴディバ」の創始者ジョセフ・ドラップスと彼の妻ガブリエルはレディ・ゴディバの物語に感動し、「他者を思いやる深い愛の精神」をチョコレートにこめていこうと、社名とロゴマークをゴディバに定めたということです。

 


ゴディバのロゴの由来がここに!

レディ・ゴディバのエピソード


ゴディバは聖母マリアを深く信仰する心優しい女性でした。イギリスのコベントリーの領主であったレオフリック伯爵の妻だった人です。伯爵はコベントリーを文化的な都市にする野心に燃えて次々に公共施設を建設し、税金を課していました。
重税に苦しむ領民たちに心を痛めたゴディバは、伯爵に何度も税金の軽減を訴えます。妻の願いを無視できなくなった伯爵は「お前が衣服を身につけずに馬にまたがりコベントリーの街を周ることができれば、税金を引き下げよう」と約束します。

22449227813_16915483fe_k

John Collier – Lady Godiva by Irina
ゴディバは勇敢にもそれを実行します。長い髪で美しい体を覆い、馬に乗って街を一周しました。領民たちは彼女の気高い心に感動し、窓を閉ざして彼女の裸体を見なかったそうです。(たった一人の例外を除いては…)
伯爵はゴディバとの約束を守り、建設計画を取りやめ税金を下げたそうです。

このエピソードを世界的に有名にしたのがチョコレートのゴディバ。ヨーロッパだけでなく北米、中東、アジアに多数の店舗を展開しています。アメリカでは「ゴディバの店舗がない街を探すほうが難しい」と言われるほど人気だとか。

 

バレンタインデー関連記事(個人サイト)
バレンタインデーの起源は古代ローマ時代にあった!
レディ・ゴディバゆかりの地 イギリス・コベントリー

スポンサードリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」