【マレーシア航空を利用する際は注意!】荷物を預かってくれない!?

向かい風が強いと荷物の重量に耐えられないそうです… 偏西風の強くなる冬は要注意!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


マレーシア航空を利用した際

全ての荷物を拒否された!?


飛行機に預けた荷物が届かないことは、よく飛行機を利用する人ならたまに経験すること。乗り継ぎ時間が短すぎた、または航空会社のミスなどが原因です。
しかし、前もって「お預かりした荷物は同じ便に乗らないことがあります」と言われることは、めったにないでしょう。

2016年1月5日と6日、クアラルンプールでヨーロッパ線にチェックインした乗客は、こう告げられました。
「ただいま、チェックイン荷物のお預かりを中止しています」
「異常な強さの向かい風により、お荷物を安全に輸送できないためです」
スーツケースを飛行機に預けるつもりだった乗客には「船便で送ることはできます」と案内されました。

 

13408034714_272dde329a_k

Emotional Baggage by Scott O’Donnell

7日の午前中、全便でチェックイン荷物の受付を再開したとの案内が出ました。
マレーシア航空の声明によると、
「ここ4日間は200ノットを越える向かい風が続いていました。その状況下では、ボーイング777-200の場合、燃料消費は通常時の15%アップとなります。毎日行われるリスク評価に基づき、現在はヨーロッパ線で従来より短いルートでの航行が可能となっています」

 

チェックイン荷物を制限した理由


積載重量が重いほど燃料消費は多くなります。荷物を減らすことは燃焼スピードを軽減します。重量制限が厳しくなるケースは、天候や向かい風のほか、空港が高温だったり高地の場合、長距離線の場合なども起こり得ます。

5614392850_879b1ff065_b

Young wind monitor by Alan Sim

しかし、多くの乗客に不便をかけるやり方をしなくても良かったのではないか、とCNNの航空特派員・リチャード・クエストは語りました。全ての荷物預かりを中止して数百人もの乗客の不便と怒りを招くよりは、減量すべき分の荷物だけ積まなければ良かったのではないかと。

航空業界の専門家・「オリエント航空」誌のチーフ特派員でもあるトム・バランタインもこう語りました。

「普通は、向かい風の問題がある場合、航空会社は乗客数を減らすものです」
「その便の収益は減りますが、向かい風はずっと続くものではないですから。おそらく一年間のうち数日程度でしょう。アジア-ヨーロッパ線を運航している他の航空会社はそのような措置は取りません」

 

マレーシア航空が所持する古い機体が原因なのでは…


5256664965_8e0e98fb35_b

350as – Malaysia Airlines Boeing 777-2H6ER; 9M-MRA@ZRH;01.04.2005 by Aero Icarus

クアラルンプールに拠点を置くメイ銀行の航空アナリスト・モーシン・アズィズはCNNにこう語りました。
「マレーシア航空のパリ線・アムステルダム線に使われている機体はボーイング777-200ERですが、17年間も使用されている古い機体で、燃料タンクが満タンでも14時間しか飛行できません。」

ちなみに、新しいエンジンの場合は17時間まで飛行可能です。

「クアラルンプールからパリまたはアムステルダムまでは約12時間かかります…ですから、古いジェットでは、ほとんど余裕がないのです」

ツイッターでは1月4日のマレーシア航空の案内に対し、多くの反応がありました。困惑やら、「他の航空会社では向かい風でも荷物受付拒否なんかしないのに」という怒りやら。
それに対しマレーシア航空は、「航空会社はそれぞれ独自のリスク評価を行い、乗客の安全性を最重視して方針を決定するのです」と返答しました。

 


だけどマレーシア航空の魅力もいっぱいある!


マレーシア航空は団体用ディスカウント運賃のバラ売りである「格安航空券」でもよく売られており、世界中にファンが多いです。クアラルンプール乗り継ぎですが、直行便よりかなり安くなるのが魅力。

14976698659_f6262a55b5_k

KLIA by Rusdhi Mohamad

クアラルンプール空港はとても広くてレストランやお店も充実しているので、乗り継ぎ時間も楽しむことができます。

2369832267_b3c2e7f11d_o

Malaysia Airlines Cabin Crew by axcellor

キャビンクルーの制服もアジア的なデザインで個性的。(シンガポール航空の制服と形は同じで色違い)

5267602689_d437baa6c2_b

Malaysia Airlines’ Fried Rice With Sweet & Sour Fish by Jason Thien

機内食も美味しいほうです(アメリカの航空会社と比較してですが)

全ての荷物預かり拒否については、たしかにまずかったと思います。欧米ではかなり報道されてしまったので、今後は方針を見直すことを期待しておきましょう。長距離便を利用してくれる欧米のお客さんの評価を下げて利用者全体が減るよりは、向かい風の時などは乗客を別便に振り替えるか、荷物の一部を積み残すかしたほうが良いはず…

預けた荷物が何日も届かないことは、他の航空会社や他の原因でも発生すること!とりあえず、偏西風の強まる冬期にマレーシア航空でヨーロッパへ向かう時は、いつもより少し、心の準備を多めに…!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」