ラグナビーチ(カリフォルニア)行ってみました!

Photo by marfin

どんなところか気になって探検。

 

結構高速が難しくて有料と無料の場所の見分けがつきにくく、曜日や時間帯でまた値段が変わったりで、少しわかりにくいルートでした。

スポンサードリンク

初めて行く場合は是非現地の友人などに案内してもらう方が良いと思いました。母の日を兼ねて行ってきたんですが、駐車場は結構混んでいて止めるまでに時間がかかったのと、歩行者用の信号が多くて何度もストップしてやっとたどり着きました。

 

11

 

駐車場はこんな感じで海沿いのパーキングが安いです!!!

 

パーキングに止めようと思ったら1時間10ドルほどですが、ストリートコインパーキングだと一時間2ドルから3ドルで駐車できます。

 

払い戻しなどの機能はついていませんので入れすぎないように気を付けてください。クレジットカードは日本のものはほとんど使えなくて、硬貨コイン25セントや10セントで先払い。

 

先にお金を入れて余裕をもって3時間分とかコイン投入して散歩しました。※パーキングでのコインの1セントは使用できません。事前にコインを用意しておく方が賢いですね。

12

泳ごうかと思ったのですが、波が高くて足場が怖かったので泳ぎませんでしたが、ロケーションとしては最高の母の日になりました。

海水浴やビーチバレーをしている人、または絵描きが座って似顔絵を描いてもらっている人、小さな雑貨をフリーマーケット形式で販売している人や様々なお店もありました。

 

ロケーションが綺麗なのでウエディング撮影している人も多かったです。自分たちでドレスとタキシードを着て、カメラマンを友人に頼んで撮影してる方が多かったです。

 

砂浜も白地ですごくサラサラして綺麗でしたし、無料のシャワーもありました。階段が多いので足が悪い人には不向きな場所。

 

トイレは少し汚かったんですが、無料で使用可能です。近くには無料で閲覧できる小さな美術館やチャペル等あります。

夏場でも風が強い場所でした。イベントの際は花火など上がっていますよ。

13

おしゃれなカフェが並んでいて、セレブの人が朝から白ワインなど飲みながらお酒を楽しんでいました。白人がとても多かったです。

 

日本人は全くみませんでしたが、韓国人はたくさんいました。レストランは比較的にそんなに高価ではありませんでした。私たち大人3人で食べて、ワイン1本注文して、飲んで合計1万円ほどのお会計でした。

※プラスのチップは忘れずに。

スポンサードリンク
 

ABOUTこの記事をかいた人

梅子

『梅子です。』 現在LA生活をエンジョイ中。 海外での困ったことや、面白かったネタ、また日本では体験できないことなど、苦労話、または役に立つ情報を皆さんにお届けして参りたいとおもっております。時には日本語講師で外国人に日本語を教えながらと、日々見知らぬ土地で頑張っています。趣味は軍事政治やアメリカの歴史を読むこと。幼少時代からアメリカの文化に興味がありLAへやってきました。多くの日本人が旅や移住で困らないように現地を詳しくレポートして記事にしていきたいと思います。