タイ・チェンマイのお絵描き象さんに会いに行こう!

Elephant Artist Paul Esson

「絵を描く象」は日本でも時々紹介されているので、ご存知の方もいるかもしれません。「微笑の国」タイの人気観光地、チェンマイで会うことができます!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


メーサー エレファントキャンプ


2198645681_f3ed761be6_b

Maesa Elephant Camp – Chiang Mai, Thailand by Neale Bryan

チェンマイ市内から車で30分のメーサー渓谷にあり、1976年に開設されて以来、象の保護と調教を行う施設です。77頭のアジア象が飼育されています。

637992212_eaca4028a7_b

Jamie and Baby 2 by Dylan Walters

子供の象と触れ合うことができます。象の肌ってどんな手触りだと思いますか?ガサガサ?

実は、つきたてのお餅に毛が生えたような感じです。温かくてやわらかいのにびっくりします。

2199441806_c7076991c6_b

Maesa Elephant Camp – Chiang Mai, Thailand by Neale Bryan

象に乗って山道を歩くエレファントトレッキングも人気。

2198657771_4896be398f_b

Maesa Elephant Camp – Chiang Mai, Thailand by Neale Bryan

一日に3回行われるショータイムでは、象のサッカーも見ることができます。

 


象が絵を描きます!


3729750882_601dc78826_bDGJ_4219 by Dennis Jarvis

ここには絵を描く象がいることでも知られており、ギネスブックにも載ったそうです。紙やTシャツに絵筆と絵具を使って描くところが見られます。描かれた絵やTシャツは売店で買うことができます。

3728952621_8fe03ce433_b

DGJ_4229 by Dennis Jarvis

シンプルな花の絵で2000バーツ。(2015年12月現在1バーツ≒3.3円) もっと複雑な絵の場合はさらに高額です。

 


調教の成果


Elephant painting, Chiang Mai, Thailand

Elephant painting, Inthakhin by Alex Valavanis

象が自発的に絵を描き始めたわけではありません。他の芸や仕事と同じように、人間の調教によるものです。すべての象にできることではなく、教えても描けるようになるのは2%程度だそうです。

3064737013_d99832f6a2_b

Elephant Artist Paul Esson

象は色を見分けることはできないと言われていますので、別の方法で絵の具を区別していると思われます。絵のパターンを覚えてしまって、調教師さんの指示を理解して描き分けているのだそうです。

象は人間の次に知能が高い動物と言われており、犬よりも人間の言葉を理解する、猿よりも考える能力があるなどと言われています。人間が把握していない能力がまだまだあるかもしれませんね!そんな象とじっくり触れ合えるメーサー・エレファントキャンプ、タイ旅行の際にはぜひ足を伸ばしてみてください!

 

おまけ:チェンマイ市内の見どころ


12449741114_9a932caff6_k

Remains of Chiang Mai wall by Anton

チェンマイはバンコクの北、約720kmに位置するタイ第2の都市です。13世紀終わりにランナー王朝の首都となった美しい古都で、「北のバラ」とも呼ばれています。山岳地方で比較的涼しいため、避暑地としても人気です。

3714312970_bfaa9842bb_b

Thailand_3920 – Bye to Wat Phra Singh. by Dennis Jarvis

旧市街は一辺1.5Kmの正方形の堀と城壁に囲まれており、たくさんの歴史的な仏教寺院が建っています。最も有名なものは、14世紀半ばのワット・プラ・シン(獅子寺)。ランナー王のパーユーが、父の骨を埋葬するために建立したものです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」