イギリスの代表的なテイクアウェイ料理

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

イギリスでは毎週金曜日はテイクアウェイ(イギリスではテイクアウトと言わずTake Awayと言います)料理を食べる習慣があります。イギリスの料理は不味いというところから家庭で食べるよりは外の料理を買って帰った方がという気持ちからそうなったのでしょうか?現在では特に曜日にかかわらず持ち帰り料理は人気ですし、どの町にも必ず持ち帰り専用のお店があります。イギリス人が良く食べる代表的なテイクアウェイ料理をご紹介します。

 

フィッシュ&チップス


言わずと知れたイギリスの代表料理のひとつです。

カラッと美味しく揚げられた衣にホクホクのジャガイモのフライ。同じ町に数軒あれば、美味しい店は人気です。数席店内で食べられるようになっているところもありますが、基本フィッシュ&チップスはお持ち帰り。自宅でみんなとシェアしながら自宅に常備してあるモルトビネガーをどばっとかけてわいわい食べるのが正式です。フィッシュが£6~7、チップスが£2~4です。店内には他にもソーセージロールやピザ、フィッシュケーキなど冷凍食品ぽいものが置いてあります。

461823910_8cd49793f3_o

Haddock, chips and mushy peas from the Anstruther Fish Bar
by www.theedinburghblog.co.uk

 

 

ケバブ


元々は中東の代表的な料理なのですが、イギリスにはそちらの地域からの移民が多く、必然的にイギリスでも気軽に食べられる料理となりました。日本で言う外国料理のピザが定着したようなものでしょうか。ピタパンにキャベツやレタスをたっぷり入れて、羊のあぶり肉をそぎ落として中に詰め、たっぷりとサウザンアイランドドレッシングのような少しスパイシーなドレッシングをかけていただきます。最近は日本の祭りの屋台でも見られるようになりました。

3897647735_f5f871fac8_o

Shaving lamb kebabs – Turkish Shop, Queen Victoria Market
by avlxyz

 

 

中華料理


中華料理のレストランもイギリスじゅうにありますが、中華料理のテイクアウェイもあちこちで多く見られます。日本人が餃子を食べたくなるようにイギリス人も中華料理を食べたくなるんでしょう。ちなみにイギリスの酢豚はちょっと甘めです。

4738918871_2f903914e6_o

Original leaded lights and coloured glass, Lee’s Chinese Takeaway, Lowestoft
by sludgegulper

 

インド料理


かつて英国が占領していたインドから移民も多く、インド料理もイギリス人の舌になじんでいます。レストランも多いですがテイクアウェイのお店もイギリスじゅうあちこちにあります。インド料理といっても結局はカレー。カレーの種類、辛さを選び、ライスかナンをつけてもらって一人前といった感じです。

 

最近では日本料理もテイクアウェイ専門店が増えてきました。お寿司や巻き寿司、焼きそばや丼物など日本の出前で食べられるものを中心に持ち帰りにしているようです。

 

イギリスへ旅行へ行った際毎日レストランで美味しい食事も良いですが、疲れた時はこれらのテイクアウェイ料理でホテルでゆっくりするのも良いですよ。

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

marimarin

大好きなミュージシャンがいるイギリスに行きたくて、アルバイトをしてお金を貯めてその地を踏んでからもううん十年。 結婚して子供もいてなかなか思い通りにはなりませんが、それでも数年ごとにイギリス旅行を満喫しています。 現地にはイギリス人の友達もいて、異文化も楽しみながら新しいイギリスを発見しています。 イギリスでの楽しかったこと、苦しかったこと、あり得ない体験談、役に立つ情報などをお届けしたいと思っています。 夢はいつか移住をすることです!