アメリカのシリアル事情・・・・ 

Photo by julajp (A while busy)

まさかこんなに種類が?米国のシリアル事情

 

アメリカ合衆国のどこへ行っても、現地のスーパーマーケットにはバリエーションが豊富すぎる程のシリアルが並んでいます。広い売り場の一列にギッシリと、様々なメーカーのシリアルが並ぶ様は圧巻です。

 

なんと米国特許商標庁には2000種類以上ものシリアルが登録されているのだとか。砂糖をまぶした基本のタイプからグラノーラのようなものまで、とにかくチョイスが豊富です。

 

それに加え、一箱のサイズが明らかに大きい。日本で販売されている一般的なシリアルの1.5倍はあります。それ程、全体の消費量が多いという事なのでしょうが、ここまでとは驚きです。

 スポンサードリンク

 

 

お土産にもぴったり!?変わり種シリアル

 

これだけの種類があると、日本では絶対に販売されていないであろう変わり種のシリアルに出会うこともあります。少し嵩張りますがひと箱のお値段もお手頃ですし、お土産にもおススメです。

 

 

朝食にサッと食べられるので、ストックしておいて困ることはありません。筆者個人の意見になりますが、お土産にはドライバナナチップやベリーが入ったものがおススメです。

 

そういったシリアルはパッケージが鮮やかでポップなものが多いので、お土産として喜ばれます。肝心の中身ですが、ドライフルーツがザクザク入っているので、満腹感がありますし、味に飽きにくいです。そこに更にお好みのドライフルーツや蜂蜜を加えて、オリジナルのシリアルメニューを作ってみるのも面白いですね。

 

そのままで食べるよりも栄養が摂れますし、ドライフルーツの美容効果も期待できます。他にも、チョコレートぎっしりな甘いもの、鮮やかすぎる7色のレインボーシリアル、シリアルがストロー状になっているもの、期間限定のフレーバーなど、種類で困る事はありません。

 

中にはお味が不思議なものもありますが、それがかえって新しい発見になるかもしれません。さすがに一箱じゃ多すぎる、という方にはミニサイズがアソートパックになっているものも販売されているので、そちらを購入してみるのも良いでしょう。

 スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

haico

はじめまして。haicoと申します。現在は都内大学の文学部に在籍中です。中学入学~高校卒業まではアメリカ合衆国カリフォルニア州で過ごしました。実は時期の関係で日本で小学校の卒業式に参加できないままアメリカで中学校に入学してしまったため、私の小学校卒業証書は闇の中。3年前に高校を卒業後、帰国し、以降日本を満喫中です。海外で過ごした時間と経験があるからこそ、私は日本での生活が好きです。将来は海外に出て定住する事に対して積極的に考えてはいませんが、拠点を日本に置けるのであれば、海外をピョコピョコ飛び回ってみたいと思っています。 おいしい食事(特にステーキ)と漫画・アニメが大好き。米国にいた頃はお小遣いの半分以上を現地の日系書店で漫画購入のために使っていました。大学入学後は通学途中に秋葉原があるのでよく途中下車しています。趣味はデザイン・造形・服飾など。高校生時代に様々なジャンルの美術の授業を受講する機会があったので、そこから趣味に発展しました。大学では美術系サークルに所属し、その時に作りたいものを気ままに製作しています。 これから更に楽しい記事をお届けできるように、頑張っていきたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。