イギリス留学のメリットを地方都市別に紹介!

その1ではイギリスへの語学留学はヨーロッパに近くすぐに遊びに行けるというメリットをご紹介しましたが、逆に言うとヨーロッパ各国からたくさんの若者が英語を学びにイギリスへやってきています。特に地方都市に留学先を選ぶと日本人生徒も少なくなり、ヨーロッパから来た生徒と仲良くなれるチャンスがあります。

イギリスの語学学校が多く留学生が多い主要地方都市の特長を挙げてみます。その1と合わせて留学先選びの参考になると幸いです。

 

マンチェスター


マンチェスターユナイテッドやマンチェスターシティなど、サッカーの街としてもすっかり日本でも有名になりました。イギリス東部の代表的な都市なので語学学校も充実しています。ただとても訛りが強く、初心者にはわかりづらいところもあります。それでもサッカーの街、音楽の街を楽しみたいという人にはオススメです。街なかにはトラム(路面電車)もあり、近代的に発展しています。サッカー好きな人は滞在先にホームスティを選んでホストファミリーとサッカー談議をするのも良いでしょう。

1861885343_068013fc87_zMetrolink tram in Manchester by MartinSFP

 

リバプール


マンチェスターと並ぶ東部の大きな工業都市です。かつてはビートルズの生まれた街として有名でしたが、最近ではサッカーの街としても日本に知られています。街並みはよくある地方都市で殆どのものが駅のそばのショッピング街で入手できます。語学学校もいくつかあり、主にヨーロッパから生徒が来ています。日本人生徒は少なめです。

IMG_0113

 

エディンバラ・グラスゴー


どうせなら!と首都ロンドンからはるか遠く、スコットランドで学ぶ日本人留学生も多数います。特にエディンバラはお城を囲んでとても幻想的な美しい街です。どちらの都市も大きく何でも入手することが出来るので便利。大きな都市ですが日本人生徒も少なめで勉強に集中できることでしょう。

ただし現地の人は強いスコットランド訛りがありますので理解するまでに時間がかかります。

9285614985_5fc8094457_o

Edinburgh castle
by paul dougherty

 

北アイルランド


案外穴場かもしれません!かつてはテロの被害も多く、観光客もあまり足を伸ばさない地域でしたが、現在では平和になり誰でも気軽に行くことができます。日本人にはあまりなじみのない地域ですからここを留学先に選ぶ人が少なく、必然的に日本人生徒が少なめです。ベルファストやロンドンデリーは大きな街なので欲しいものは何でも揃うし、人々も穏やかで都会と田舎の雰囲気を両方味わうことができます。またUnited Kingdomに属していますが、住民の気持ちはアイルランド人。アイルランド料理などあらゆるところでアイルランド文化を楽しむことができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

marimarin

大好きなミュージシャンがいるイギリスに行きたくて、アルバイトをしてお金を貯めてその地を踏んでからもううん十年。 結婚して子供もいてなかなか思い通りにはなりませんが、それでも数年ごとにイギリス旅行を満喫しています。 現地にはイギリス人の友達もいて、異文化も楽しみながら新しいイギリスを発見しています。 イギリスでの楽しかったこと、苦しかったこと、あり得ない体験談、役に立つ情報などをお届けしたいと思っています。 夢はいつか移住をすることです!