Photo by KROCKY MESHKIN

ジャンクフードじゃない!健康志向なハンバーガーを楽しむ!

  

 米国といえばハンバーガー、ハンバーガーといえばジャンクフードを連想される方が多いと思います。

しかし、近年の健康志向の高まりもあって、質の良い素材を使用し、ヘルシーに仕上げたハンバーガーが注目されてきています。
 

もともとハンバーガーは、バンズとパティー、それにトマト、オニオン、レタス、ピクルスといった野菜の組み合わせで出来ているため、工夫しだいでいくらでも美味しくなりますし、同時に脂質や糖質をコントロールすることができます。

バーガーそのものだけではなく、付け合せのフライドポテトも生のジャガイモをそのままスライスし、良質なオイルでフライする事でよりおいしく、健康的に。ハンバーガーに新たな可能性が生まれてきています。

 

 

「本物」を目指すハンバーガーショップ

スポンサードリンク
 

 「In-N-Out Burger(インアンドアウトバーガー)」はヘルシー志向の人々に長年愛されているハンバーガーショップです。



 

冷凍保存や解凍を行わない、つまりほとんどの工程を店舗で行っているので、味が落ちることはありません。当然保存料も加える必要がありませんので、体にも安心。

 

全てが「本物」なので、ファストフードにありがちな味にはなりません。勿論ポテトフライやオニオンリングも店舗で加工、調理されています。お値段が基本のバーガーで2ドル程と、他のハンバーガーチェーンとあまり変わらないのも魅力的です。

 

そしてやはりカロリーは他店よりも控えめ。

 

残念な事に、現時点では日本への出店予定は未定です。

 

しかし、もう一つご紹介するNYで大人気「SHAKE SHACK(シェイク・シャック)」は近い将来日本に出店予定だそう。こちらも本物にこだわった素材と製法で、健康志向のニューヨーカー達に支持されています。4765701420_f87fb9c18c_z

photo by bettybl

パティに使われている牛肉は成長ホルモンを使用しない牛肉なので、質も安心。同じように野菜類にもこだわりが感じられます。身近な食事だからこそ、より良いものを。ハンバーガーだけではなく、ファストフード自体のありかたも変わってきているのかもしれませんね。

スポンサードリンク