LA留学&移住記20〜とある現地中学校の一日 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


現地中学校のとある一日をご紹介!


 

すっかり寒くなってしまって、毎朝起きるのが辛い今日このごろ・・・。帰国後に冬を迎えるのも4度目になりました。寒いとよく眠れるようで、ついつい睡眠時間が短くなってしまいます。

さて今回は、とある現地校(中学)の一日のパターンについて書いてみようと思います。

IMG_8364

授業の開始は朝8時前〜8時半くらいが一般的で、ホームルームがないところが殆どです。なので、朝はロッカーにバックパックを置いて、必要な授業用のバインダーや筆記用具などを持って直接1限の教室に向かいます。授業前にはその教室で校内放送+Pledge of Allegianceの斉唱を行っていました。特別なランチメニューがある日やイベント事がある場合も、その放送内で伝えられます。

1,2限はそのまま授業となりますが、3限の前には行間休み(放課とも)があり、再び校内放送+スナックの時間になります(スナックタイムについては以前別の記事にまとめてあります。)校内放送を聞きながらスナックを食べて、この後の授業に備える時間ですね。ヘルシーなスナックが推奨されていましたが、基本的になにを持って行っても大丈夫でした。ちなみに個人的な定番はWalkersのショートブレッド(美味しいけれどカロリー高)や日系のスーパーで買える飴や天然酵母パンでした。

IMG_0586

3,4限が終わった時点で正午前後。その後はランチタイムとなりますが、中高共に40〜50分程度なのでササッと食べます。

5,6限は特に特徴的な部分はありませんが、移動時間が5分程度しかないので移動が結構大変でした・・・。

6限終了時点で普段は14:45、月曜日の場合はなんと13:30。

放課後は完全に自由時間


この後は課外活動に参加したり、塾にいったり・・・となるのですが、私は最初の一年は学校のための英語の勉強や、課題で一杯一杯でしたので、短期間のテニスのコースを受講したり、月一回の社交ダンスの講習を受ける程度でした。10ヶ月ほど経った頃に、一対一で学校関連全般のサポートをしてくれる教室に通いはじめました。余談ですがその教室がある場所が、山の中腹・崖スレスレで、いつか崩れるんじゃないかっていう感じでしたね・・・。

課外活動や教室がない日は何をしていたかというと、住んでいた山の上に唯一あったショッピングモールをふらふらしたり、住んでいたゲートハウス内にあったプールで疲れるまで泳いだり、ディズニー・チャンネルを観たり・・・と今の生活と比べてだいぶゆとりがあるというか^^;

特にプールは広いゲートハウス内に5箇所あって、冬は温水になるので一年中好きなように泳いでいました。あとはプールサイドに小さめですがジャグジーがあったのですが、これが大好きで・・・。家にある湯船ではお湯をMAXに貯めてもせいぜい半身浴くらいでしたので、日本人としては肩までお湯に浸かれるというのは本当に大事だったんですね・・・。

全体的にいえますのは、現地校は朝が早めな代わりに帰りも早く、放課後の時間がとてつもなく長いという事ですね。課外活動をするも良し、のんびり過ごすのもまた良し。そんな生活なので、夜も10時くらいには眠くなっていました・・・・今では驚きです。

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

haico

はじめまして。haicoと申します。現在は都内大学の文学部に在籍中です。中学入学~高校卒業まではアメリカ合衆国カリフォルニア州で過ごしました。実は時期の関係で日本で小学校の卒業式に参加できないままアメリカで中学校に入学してしまったため、私の小学校卒業証書は闇の中。3年前に高校を卒業後、帰国し、以降日本を満喫中です。海外で過ごした時間と経験があるからこそ、私は日本での生活が好きです。将来は海外に出て定住する事に対して積極的に考えてはいませんが、拠点を日本に置けるのであれば、海外をピョコピョコ飛び回ってみたいと思っています。 おいしい食事(特にステーキ)と漫画・アニメが大好き。米国にいた頃はお小遣いの半分以上を現地の日系書店で漫画購入のために使っていました。大学入学後は通学途中に秋葉原があるのでよく途中下車しています。趣味はデザイン・造形・服飾など。高校生時代に様々なジャンルの美術の授業を受講する機会があったので、そこから趣味に発展しました。大学では美術系サークルに所属し、その時に作りたいものを気ままに製作しています。 これから更に楽しい記事をお届けできるように、頑張っていきたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。