アメリカ・アナハイムでベトナム系問屋街を巡ってお得に買い物!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


Little Saigonでブランドネイルを格安でゲット!


筆者は中学生のころ、現地の日本人向けのカルチャースクールでネイルのクラスを受講していたことがありました。別の記事にも書きましたが、現地校は服装やメイク関連の校則がほとんどなかったので、ネイルももちろん自由でした。丁度タイミング的にネイルに興味があったこともあり、紹介でネイルを習い始めたのでした。

当時やっていたのはジェルネイルが中心で、たまに3Dアートやスカルプチュアも教えてもらえたりと、趣味の範囲としては十分すぎるくらいのカリキュラムでした。日本と現地のネイルアートに対する考え方やデザインの傾向は異なっており、どちらかというと可愛く、デザイン性が高い日本のネイルが好きだった私にとってはとても良い習い事だったと思います。ちなみにLAには日本人ネイリストが経営するサロンも複数あります!

そこからの繋がりでアナハイムにあるLittle Saigonと呼ばれるエリアに行った時のお話です。ネイルが少しでも好きな方は是非読んでいただけると嬉しいです。

LITTLESAIGONリトルトーキョーのようなlittle○○という名前の通り、このエリアはベトナムのサイゴンがモチーフとなってる場所です。アメリカの美容関係のサロンや卸などはベトナム関連が多いのもあり、このエリアには問屋が多数。ありがたいことに一般客にも卸価格で売ってくれる問屋もいくつもあるのがポイント!

saigon出典:http://www.yelp.com/biz/little-saigon-beauty-supp-westminster

なんといっても注目すべきはOPIEssieなどと言った日本で買うと少々値が張るようなメーカーのアイテムがUSA価格のさらに卸価格で購入できてしまうのです。実際に店頭で値札を見てビックリしました!日本だと1500円〜2100円くらいのポリッシュやベースコート、トップコートも5ドル程度で買えてしまいます。その値段だとラインナップが微妙なのでは?と気になるかもしれませんが、それも心配ご無用。一般の店頭販売用のディスプレイそのままで販売されているので、在庫さえ切れていなければカラーやシリーズも選び放題です。ネイル好きには夢のような空間です。5ドルならちょっと挑戦しにくい派手なカラーにも手が出せてしまいますね!

ポリッシュ以外にも道具や材料、消耗品など、サロンで扱うものは低価格でなんでも揃っているので、頻繁にネイルをされる方なら本当におすすめです!

美容関連の問屋以外にも、ベトナム系のスーパーマーケットやモールなども充実しています。なかなか見ないような食品を見てみるのも結構楽しいものですよね。モールでは主にファッション関係が豊富でしたが、特に靴は日本のデザインの感覚に近いものが多かった印象です。そういったものが好む方なら尚更楽しめるんじゃないかと思います。実際、現地で好みのデザインのサンダルがなかなか見つからなかった筆者も、これだ!!!とピンとくるものがすぐに見つかりました。

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

haico

はじめまして。haicoと申します。現在は都内大学の文学部に在籍中です。中学入学~高校卒業まではアメリカ合衆国カリフォルニア州で過ごしました。実は時期の関係で日本で小学校の卒業式に参加できないままアメリカで中学校に入学してしまったため、私の小学校卒業証書は闇の中。3年前に高校を卒業後、帰国し、以降日本を満喫中です。海外で過ごした時間と経験があるからこそ、私は日本での生活が好きです。将来は海外に出て定住する事に対して積極的に考えてはいませんが、拠点を日本に置けるのであれば、海外をピョコピョコ飛び回ってみたいと思っています。 おいしい食事(特にステーキ)と漫画・アニメが大好き。米国にいた頃はお小遣いの半分以上を現地の日系書店で漫画購入のために使っていました。大学入学後は通学途中に秋葉原があるのでよく途中下車しています。趣味はデザイン・造形・服飾など。高校生時代に様々なジャンルの美術の授業を受講する機会があったので、そこから趣味に発展しました。大学では美術系サークルに所属し、その時に作りたいものを気ままに製作しています。 これから更に楽しい記事をお届けできるように、頑張っていきたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。