「Farmer’s Fridge」シカゴ発オーガニックサラダが買える自販機!

Photo by VGN – Vegetable Growers N

 

忙しい毎日の中、どうしても野菜が不足しがちになってしまう。出来れば食事にも気を使いたい。

 

 

 

「Farmer’s Fridge」は、そんな人々に向けて始まったプロジェクトです。

現在はシカゴ各所のフードコートやホテル、一部のコンビニに設置されており、デリバリーも可能。

自販機にはボトルに詰めたオーガニックサラダや惣菜、フルーツやデザートなどが種類豊富に揃っています。

 

価格帯は$4~$8といったところ。気が向いた時や、ちょっと野菜が欲しくなった時に購入するには丁度良い価格です。

 

アイディアの斬新さはもちろん、栄養価や品質、おいしさに対するこだわりも一級品。良質な素材、工夫を凝らしたレシピを使用し、毎朝市内の調理場で製造されます。

 

朝10時より販売が開始され、お昼時には沢山の人々が買いに訪れます。夕方以降は値下げされ、夕食にも便利だとか。

 

それ以降に売れ残ったものはシカゴのフードバンクに寄付し、ホームレスの食事として提供されます。

 

廃棄ロスを発生させず、社会にも貢献できるプロジェクトです。

 

 

まだまだある、こだわりの数々・・・・

 

「Farmer’s Fridge」のHPによると、販売に特製のボトルジャーを使用する理由として以下のポイントを挙げています。

 

1)洗浄してリサイクルができる(自宅に持ち帰って自由に使用しても可)

 

 

2)電車やオフィス等、どこでも簡単に持ち運べて、気軽に食べられる。

 

形状としては今年はじめに話題になったジャーサラダと類似していますが、こちらはあくまでも保存を目的とはしておらず、環境への配慮や食事の手軽さ、効率を考慮したものです。

 

そして自動販売機本体も、廃材を再利用してデザインされています。身体に本当に良いものを、環境や社会にも優しく。

どちらも大切にしつつ、おいしさを提供するというポリシーです。現在はシカゴ近辺のみでのプロジェクトですが、いずれは範囲を広げていくとのこと。近いうちに日本にも上陸する日が来るかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

haico

はじめまして。haicoと申します。現在は都内大学の文学部に在籍中です。中学入学~高校卒業まではアメリカ合衆国カリフォルニア州で過ごしました。実は時期の関係で日本で小学校の卒業式に参加できないままアメリカで中学校に入学してしまったため、私の小学校卒業証書は闇の中。3年前に高校を卒業後、帰国し、以降日本を満喫中です。海外で過ごした時間と経験があるからこそ、私は日本での生活が好きです。将来は海外に出て定住する事に対して積極的に考えてはいませんが、拠点を日本に置けるのであれば、海外をピョコピョコ飛び回ってみたいと思っています。 おいしい食事(特にステーキ)と漫画・アニメが大好き。米国にいた頃はお小遣いの半分以上を現地の日系書店で漫画購入のために使っていました。大学入学後は通学途中に秋葉原があるのでよく途中下車しています。趣味はデザイン・造形・服飾など。高校生時代に様々なジャンルの美術の授業を受講する機会があったので、そこから趣味に発展しました。大学では美術系サークルに所属し、その時に作りたいものを気ままに製作しています。 これから更に楽しい記事をお届けできるように、頑張っていきたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。