LA留学&移住記19〜Redondo Beach Marathonを走る! 学生版LA滞在記再録

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


カリフォルニアの空の下を走るマラソン。しかし!?


時系列がちょっと曖昧になってしまうのですが、忘れやしない5Kマラソン・・・。

私が通っていた中学校では、6,7,8年生とPEphysical education,即ち体育)の授業があったのですが、7年生からはマラソン大会への参加が原則必須になります。日本の小学校にいたころは毎年やっていましたが、一番距離が長い小5・6年生の枠ですら精々2km程度。現地校の6年生はなぜかマラソン大会への出場は不要だったので、ようやくマラソンから解放された!!!と思ったらこれですよ。。。私は7年生になってからそれを知りました^^;

多くのマラソン大会と同様、フルマラソンとは別にハーフ、10kmなどがあるわけですが、中学生が走るのはさらに短い5kmマラソン。市民マラソンクラスだと5km1kmはメジャーな距離で、5K10Kと呼ばれ結構人気がありました。そういった比較的短距離のマラソンでも、たまにゲストランナーとしてプロ選手が参加したりすることもあります。そういった方々はもちろんレベルが段違いですので、あっという間にゴールしてしまいます。

距離としては比較的短いとされる5Kですが、今までまともに走ったマラソンなんて2km、練習でも3kmを超えてはいなかったと思うので、私にとっては未知の領域だったのです。

ちなみに他のマラソンでもそうですが、まずはオンラインや郵送でレジストレーションを行います。参加費は大会や主催によりまちまちですが、この時参加したRedondo Beach Marathonは事前登録で$30程度、当日参加で$40くらい。その後、事前もしくは当日に大会オリジナルTシャツ(どこのマラソン大会でも基本的にもらえる)、協賛企業の試供品(制汗剤からヘアワックス、栄養ドリンクや補給食など)が入ったバッグがもらえます。マラソンには授業の一環で走った以外にも何回参加するはめになったのですが、毎回これだけは楽しみでした。

会場となるコースは普段は車窓から眺めているRedondo Beach沿い。海も綺麗で、朝日と程よい潮風の中走れるのかな~と思いを馳せながら、当日。

redondo-beach-10k-3出典:http://www.chimmytime.com/tag/running

本来はこうなっていたであろうイメージ図。

「雨降ってる・・・」

普段これでもかという程雨の降らないカリフォルニア、しかもLAで、こんな日に限って大雨に大風。というかもう台風です。これ絶対中止だろうとHPを見に行きましたが、まさかの雨天決行!一応授業の一部でもあるので、しかたなく会場へ・・・。会場には思ったよりも沢山の参加者。スタートの午前730にはさらに雨も強まりましたが、スタートしてしまったものは仕方ないので、とりあえず走ってみます。

綺麗な海全然見えない!というか波がすごい!!その上装備は普通のランニング用+レインコートなので、容赦なく靴に水が入ります・・・。今思うとよく5K走り切りましたよね・・・。しかもこれ2月なのでカリフォルニアといえど結構気温は低めです。

なんとかゴールして、バンケットでバナナと補給食をもらって一休み。10時前には解散になったので直帰して、シャワーで身体を温めて二度寝してやりました。

次の年は会場は違えどまた別のインパクトを持った会場で走ることになったり、家族でディズニーマラソンに参加したり・・・とマラソン嫌いなくせに、意外と走ることになってしまったのでした。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

haico

はじめまして。haicoと申します。現在は都内大学の文学部に在籍中です。中学入学~高校卒業まではアメリカ合衆国カリフォルニア州で過ごしました。実は時期の関係で日本で小学校の卒業式に参加できないままアメリカで中学校に入学してしまったため、私の小学校卒業証書は闇の中。3年前に高校を卒業後、帰国し、以降日本を満喫中です。海外で過ごした時間と経験があるからこそ、私は日本での生活が好きです。将来は海外に出て定住する事に対して積極的に考えてはいませんが、拠点を日本に置けるのであれば、海外をピョコピョコ飛び回ってみたいと思っています。 おいしい食事(特にステーキ)と漫画・アニメが大好き。米国にいた頃はお小遣いの半分以上を現地の日系書店で漫画購入のために使っていました。大学入学後は通学途中に秋葉原があるのでよく途中下車しています。趣味はデザイン・造形・服飾など。高校生時代に様々なジャンルの美術の授業を受講する機会があったので、そこから趣味に発展しました。大学では美術系サークルに所属し、その時に作りたいものを気ままに製作しています。 これから更に楽しい記事をお届けできるように、頑張っていきたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。