地中海諸国の猫スポット【1】エジプト・キプロス・トルコ

Pigeon Food Vendor and Guard Cat by Rick Cox

地中海に面した国々には、南欧、北アフリカ、北アラブがあります。宗教や民族はそれぞれですが、地中海エリアに共通する文化や風景があるように感じます。そのうちのひとつが「猫のいる風景」です。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


イエネコの発祥 エジプト


 

2063179834_e577caad80_b

Le prince qui aimait son chat by Larazoni    猫用の石棺。

世界で初めて野生猫を家畜化したのは古代エジプト人と言われています。ネズミを捕らせるためであると同時に、猫は神の化身とも考えられていました。猫を殺した人は死罪にされた、猫が死んだ時にはミイラにしてから葬ったという記録が残っています。

 

577103424_6f0eda8318_b

Miauuuu by srgpicker   大英博物館に展示されているエジプトの猫のミイラ。

猫を大切にするあまり、戦争に負けたという話があります。紀元前526年の古代エジプトとペルシャの戦争の際、ペルシャ軍はエジプト軍営に猫を投げ込んだ、または盾に猫をくくりつけて、エジプト人が攻撃できないようにしたとも言われています。

3628515673_911e1f2bba_b

Chat sacré by Frederic Chanal    

古代エジプト遺跡の猫。スフィンクスのポーズ。

 


キプロス


10514265293_44936aeab0_k

No room for cat-ho-licks, ortho-dogs are welcome however! by whereisemil

ギリシャとトルコの間に位置するキプロス島。島北部の一部地域はトルコ領ですが、大部分を占めるその他の地域はEU加盟のキプロス共和国です。公用語はギリシャ語、主な宗教はギリシャ正教となっています。

画像はパフォス郊外のギリシャ正教会、聖ネオフィトス修道院の猫。

 


トルコ・イスタンブール


297285275_f7112305e4_b

9385 by sal

イスタンブールの食堂テラス席で、テーブルの食べ物を狙う猫。日本では猫カフェ以外、飲食店に猫なんてありえませんが、地中海諸国ではよくある風景です。お店の人もいちおう「しっしっ!」と追い払う素振りは見せますが、あまり本気が感じられません。テーブル下にはお客さんのおこぼれを待つ猫たちが何匹もスタンバイしていることも。

8512337650_cd67e6924d_k

Cat in Hagia Sophia by Boyd Dwyer

イスタンブール、アギア・ソフィア教会の中で展示物のふりをする猫。アギア・ソフィアやブルー・モスクからトプカプ宮殿あたりはイスタンブールの観光の中心で最も旅行者が多いところですが、このエリアの猫はとても人なつこいです。

The cat's job was to keep the pigeons away from the unsold food.

Pigeon Food Vendor and Guard Cat by Rick Cox

鳩の餌売りのおじさんと、番犬ならぬ番猫だそうです。売り物の餌を盗み食いされないように…

残念ながら画像はないのですが、イスタンブールではダンボール製の野良猫ハウスや、野良猫に餌をあげる人を見かけたこともあります。

地中海諸国の猫スポット【2】に続きます!

関連記事(個人サイト) 世界の面白看板【1】モロッコ編

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」