アイルランド留学生活〜素敵な思い出がたくさんできたクリスマス休暇☆

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


クリスマス休暇も終盤。そして休暇が終わり、気づけたこと…


さて、26日になりまして。ようやく街の機能も復活し始め、私とともにだらだらと過ごした友達も「いい加減帰るわ。。」と、帰宅の途に。さて、この日の私の予定はというと、

 

夜、タイ人たちが集まるクリスマスパーティへ!

 

実は、タイ人のハウスメイトが「毎年ダブリンに住むタイ人たちで集まるクリスマスパーティがあるんだけど、招待するから一緒に行こう」と言ってくれていて。タイ人のハウスメイトとその旦那さん(アイルランド人)、そして私とポーランド人のハウスメイトの4人で出かけました。

 

場所はダブリン市内の北のほうにある大きな体育館。話を聞くと、毎年この時期に体育館を貸し切って、大々的なクリスマスパーティをしているんだとか。タイ人たちによるライヴやダンスが披露される中、私たちはタイフードのビュッフェでごはんをもりもりいただきました。えへへ。

dance-175332_1920 pad-thai-674089_1920

 

でもってさらにこの日は、アイルランド人と結婚している私の日本人の友達が、旦那さんの実家でクリスマスパーティをやるからおいでよ、とお誘いいただいてまして。タイ人たちのパーティ会場と場所が近かったので、そちらにもポーランド人のハウスメイトと途中抜けだして、行ってみることにしました。

 

でも、旦那さんの実家でのパーティってことは、いわゆる「家族でのパーティ」だよね。私たちが気軽に遊びに行っていいのかな…と、さすがにそこは遠慮がちに。。なので、「ちょっとだけ顔出して戻ってこよう。」ということで向かいました。

advent-80125_1920

ところが実際にお邪魔したら、

 

ものすごーくフレンドリーなご家族!

 

明らかによそ者の私たちに対しても、全然気兼ねなく受け入れてくれたのです。お隣のおうちのご家族も来ていて、「家族ぐるみで仲いいから、毎年お互いどちらかの家で一緒にパーティしてるの。」と、お隣のご家族もとてもオープン。とても楽しくて居心地が良くて、全然ちょっとだけ顔を出すどころか、気づけば一緒に盛り上がってました(笑)。

 

とはいえ、タイ人のハウスメイトたちは車がないから、私たちはパーティ会場に戻らなきゃで。「帰る…」と言ったら「えぇー帰るの?!もう一回戻ってくれば?!」と。で、私たち、タイ人たちのパーティ会場に戻って家に帰り、再度友達と連絡を取って、

 

本当に、戻っちゃいました!しかも、着いたの夜中の1時近く!(笑)

 

「戻ってきたんだねー!よかったーおいでおいで!」と、ご家族は相変わらずウェルカムな様子で。みんなでカラオケ大会したりして、朝まで盛り上がりました。

microphone-788561_1920

外国へ嫁に来た友達、私はひそかに心細くなったりしないのかな、と思ったりもしていたのですが、こんな素敵な旦那さんとご家族に囲まれて、そんなことないんだなってことがよくわかりました。

 

そうして朝5時、いい加減解散になりましたが、あまりの楽しさにすぐに帰るのがもったいなくて、帰り道に静かな海辺に寄り道。とても静かで、空には満天の星が…ラジオからはいい感じの曲がかかってきて、窓を開けて星を見上げつつ、その時間を楽しんだのでした。

stars-918777_1920

ちなみに帰宅したのは朝6時。さすがに眠くて撃沈しました(笑)。。

 

目を覚ました27日。「ハッピークリスマース!元気ぃ?お休みどう?」と、仕事仲間から電話がかかってきて。1週間もたっていないのに、その声がとても懐かしく感じました。お互いのお休みを報告しあい、「声聞けてよかったー早く会いたいねー!」と。ほんと、お休みもとっても楽しかったのだけど、早く仕事仲間に会いたくて。同じように思ってくれてる仲間がいるってこと、本当に嬉しく思いました。

 

そうして休暇が終わり、仕事再開。仕事仲間と久々に再会で、もうドアを開けた瞬間から「きゃあーーー久しぶり!元気だった?」と、みんなして叫びまくり。たった1週間なのに再会できたことが嬉しくて、終始みんな笑顔が絶えませんでした。

 

クリスマスは「大切な人と過ごす日」というけれど。私にとってこの年のクリスマスは、こんな異国の地で出逢って今や私の大切な人となった人たちと過ごせた日々だったな、と。そして、こんな日本から離れた地で、ちゃんと自分の居場所を築けていたのだな、と。そんなことを感じられた、特別な日々となったのでした。

 

 

 

スポンサードリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

しのぱん

しのぱんです! エンタメ業界で働きまくった日々をくぐり抜け、英語習得のためにたどり着いたのはなぜかアイルランド。語学学校に数ヶ月通ったものの、そこそこレベルの英語力で帰国。迷った末にワーホリビザを取得して、これまたなぜか再び渡愛。皿洗いで生計を立てつつ、外国生活、ヨーロッパ旅行の日々お気楽暮らし。しかし、気づけば滞在歴トータル2年とちょっと。30歳も超えて、『職業:皿洗い』じゃマズイだろ、と今度は本当に日本に帰国。転職を繰り返しつつなんとか社会に復帰して、たまの海外旅行で満足している今日この頃です。 当時の生活、海外旅行記などを書いていこうと思ってます。あくまで個人的な経験を書いていくのでお役に立てる内容ではありませんが、暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします☆