連鎖おごり250食

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


フロリダマクドナルドで突発


http://metro.co.uk/2015/12/13/random-act-of-kindness-leads-to-250-people-paying-it-forward-at-mcdonalds-5563198/

http://metro.co.uk/2015/12/13/random-act-of-kindness-leads-to-250-people-paying-it-forward-at-mcdonalds-5563198/

年末も差し迫ってくると忙しくなりつい今日はマクドナルドで終わらせようと車を走らせドライブスルーの列に並んでしまいますよね。

そんな12月のある日、フロリダ,レイクランドのマクドナルドで起こったちょっと信じられないお話です。

トリー・キーンさんは誰でも行くようになにげなくその日もマクドナルドのドライブスルーに行きました。おそらくその日トリーさんはクリスマス前のちょっと気ぜわしいような、ある種の浮遊感の混じった興奮を感じていたためかもしれませんが、彼女は自分の注文した品物を受け取ると、なぜか人に親切にしたいような気分が起こったと言います。

その日のレジの担当はマリサベル・フェゲオラさんでした。

トリーさんはマリサベルさんに『次の人の分も私が払うわ!!』といいました。そして『その人に私からメリークリスマス!と伝えてちょうだい。』と頼みました。

もちろんおごってもらった次の人はその突然の、それまで会ったこともない見知らぬ他人からの思いがけないギフトに驚きましたが受け取ろうと思いました。そして同時に感動し、その人たちも、その次の人に対して同じことをすることにしました。

 

予想外な拡がりを見せたマクドナルドおごり運動


その後起こった信じがたい出来事はABCニュースに取り上げられました。一部始終を見届けたレジ係のマリサベル・フェゲオラさんはその様子をこう語っています。

「前の人からギフトをもらうと後に続いた人たちがどんどんそれを続けて行ったんです。15台目の車になったとき私はこれがずっと続くような予感がして、私はそれから人数を書き留め始めました。」

そのchain of the kindness(やさしさの連鎖)はなんとマリサベルさんの6時間のシフトのあいだほとんど終わるまで続いたのだそうです。

その間、全部で250食がその前に並んだ人から贈られたそうです。

ある一人で来店した婦人などは後続車に乗り込んだ3人分の注文を支払ったそうです!

「私は最初に始めた女性のメッセージをそのままずっと後に来る車の人に伝えて行っただけです。そのたび人はその言葉に驚き、そしてとてもハッピーな気持ちになったようでした。」とマリサベルさんは語りました。

ハッピーの連鎖をやってるほうが長いドライブスルーの待ち時間にうんざりするよりもずっといいですよね。遊び心とはこんなときに発揮するものなのかもしれません。

 

 

 

スポンサードリンク

6 件のコメント

  • I simply wished to say thanks again. I am not sure the things I would have carried out in the absence of those creative ideas discussed by you about my area. It was a real alarming circumstance in my opinion, but coming across a new expert technique you solved the issue took me to cry with gladness. I’m just thankful for your work and then believe you know what a powerful job that you are accomplishing teaching the rest via your websites. Most likely you haven’t encountered all of us.

  • I as well as my guys were taking note of the excellent guidelines located on your web site then unexpectedly came up with an awful suspicion I had not thanked the website owner for those strategies. My men became for this reason happy to study all of them and have honestly been tapping into them. Many thanks for getting quite thoughtful as well as for obtaining this form of quality subject areas most people are really eager to be aware of. Our honest regret for not expressing gratitude to sooner.

  • I want to voice my affection for your generosity for people that actually need help on this one theme. Your special commitment to passing the solution all-around ended up being exceptionally important and has enabled girls just like me to realize their objectives. Your amazing insightful guideline signifies this much to me and even further to my mates. With thanks; from all of us.

  • I must voice my love for your kindness for all those that absolutely need assistance with this study. Your real commitment to getting the message all-around ended up being incredibly functional and have permitted guys and women just like me to achieve their objectives. This informative useful information can mean much to me and far more to my fellow workers. Best wishes; from everyone of us.

  • I have to convey my gratitude for your kind-heartedness in support of folks who have the need for assistance with this important niche. Your very own dedication to getting the solution all-around ended up being wonderfully powerful and have without exception empowered guys and women like me to achieve their objectives. Your amazing useful suggestions can mean a lot to me and a whole lot more to my mates. Thanks a lot; from each one of us.

  • A lot of thanks for all of your hard work on this site. My daughter delights in carrying out research and it’s really easy to see why. Most of us learn all regarding the powerful way you provide practical techniques via your web blog and even recommend response from visitors on that point plus our simple princess has always been understanding so much. Enjoy the remaining portion of the year. You are doing a wonderful job.

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    chibi_myu

    40代の夫とイギリス住で、2人でBlog書いております。 夫婦でイギリスに住んで20年近く・・・・・ 夫がイラストレーター、妻はミュージシャン。外注作業は夫のイラスト中心の予定でしたが、なぜか今のところブログ記事書き中心になっている現状です。(記事書きにだんだん惹き込まれていく〜〜笑)