アメリカ・ロサンゼルスでテニス

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


アメリカはどこでテニスできるの?


梅子はテニスがもともと大好き!学生時代もバトミントン、テニスのクラスがとても好きだったけど中学はラグビー部に所属していましたw

高校は部活をせず、母子家庭だったためアルバイトを頑張っていました。アメリカに来てテニスしたい!とか運動したい!とかって思ってもどうやって?って感じですよね。ご安心ください。アメリカでは公園やコミュニティーセンターで屋外コートがあります。場所によっては有料だったり、無料だったり。予約が必要だったりと場所で違いますが、1番驚いたのが『黒い靴』でのコート使用が禁止されている個所が多い!床に黒い跡がついたりすることで黒のシューズを禁止されていました。ロサンゼルス市内でも50か所くらい施設ありますよ。公園など無料も多い!Griffith Parkとか結構有名だし、エコパーク・テニスコートなど人気。バーバンクにあるテニスコートは無料だけど、バーバンクの治安が私は好きじゃないのでお勧めしない。

また日本人向けに中級レベルのテニスサークルとかもトーランスなどではあるようですし、日本人コミュニティーの集まるWEBサイト『ビビナビ』を使ってテニス仲間を探すのも良いでしょう。

壁打ちできるところが全然ないのがロサンゼルスの公園。もう全部フェンスになっているし、公園で壁があって、壁打ちできる場所はほとんどというか、全くみかけない。

また公園内のテニスコートの標識にも注意してみて下さいね。

梅子久しぶりすぎてボールが道路沿いまで出てしまい走って取りに行き、友人に爆笑される。激写w 危ないので気を付けてね。w たまにテニスコートのすぐ裏は道路になっているところもありますのでw

223621_433988993315033_569370940_n

こんな感じで全く壁打ちができない環境のコートが多いです。↓302862_433930579987541_2081578208_nストレス発散にいかがでしょう?

またテニススクールや、フィットネスクラブが運営しているクラス、個人の先生のプライベートレッスンなどもありますよ。

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

梅子

『梅子です。』 現在LA生活をエンジョイ中。 海外での困ったことや、面白かったネタ、また日本では体験できないことなど、苦労話、または役に立つ情報を皆さんにお届けして参りたいとおもっております。時には日本語講師で外国人に日本語を教えながらと、日々見知らぬ土地で頑張っています。趣味は軍事政治やアメリカの歴史を読むこと。幼少時代からアメリカの文化に興味がありLAへやってきました。多くの日本人が旅や移住で困らないように現地を詳しくレポートして記事にしていきたいと思います。