アメリカで愛されるブランド・ヴィクトリアシークレット

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 


誰もが絶対1つは持っているアイテム


日本でも一時大ブームを起こしたヴィクトリアシークレット。下着や香水、パジャマやスエット、化粧品など多くのアイテムを販売しているヴィクトリアシークレット。その魅力について話したいと思います。

実際、アメリカに住んでどこのデパートに行っても見かけるし、顧客もすごく多いと思います。日本に住んでいた時も女子の必須アイテムのように皆さんボディークリームやボディーローションを1つは絶対持っていました。

o

沖縄は、米軍基地内にもヴィクトリアシークレットの販売コーナーがありましたのでそれを求めて買い物している人がすごく多かったです。皆さん10人に⑧人は絶対に持っているというアイテムでございます。

現在日本では、薬局などでも化粧品コーナーに販売されていたり、大手ドンキホーテーなどでも売っています。

12月の時期になるとヴィクトリアシークレットのファッションショーがアメリカで開催され、KTLAチャンネルや多数のTV番組で放映して、人気を集めます。

トップモデルにはミランダカーにはじまり、毎年豪華歌手のパフォーマンスで注目を集めているファッションショーです。

実際に 私も去年初めて、下着を購入してみました。

10402857_836189896428272_7947545200274477637_n

1回のネットに入れての洗濯で色褪せ、よれがすごく確認できました。

特にといって安い下着でもありません。肌触りがすごく良いわけでもありません。商品のデザインや色使いが可愛いことから人気だと思いますが、日本の下着メーカーのトリンプなどに比較すると差はすごいです。

私はトリンプの下着は5-6年使ってもOK!なのに、ヴィクトリアシークレットの下着は1年持たない。と確信しています。

実際には、清潔感があり、CM等でも豪華にすごく見せていますが、店頭に行くとこんな感じ↓でバラバラに籠にめちゃめちゃに入っているところがほとんどです。こういったものを買う際に、いつも思うことがあります。

o (1)

消費するなら良いものをより長く使いたいのが1番の目的で買い物したい。

過去にDIESELのパンツを1枚4500円で購入したことがあります。今現在10年使っています。未だに触り心地が良いですし、ヨレがないのに驚いています。

わたしからするとヴィクトリアシークレットはストッキングの様な存在です。

良いものを買う努力、物を大切にしていく努力をしていきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

梅子

『梅子です。』 現在LA生活をエンジョイ中。 海外での困ったことや、面白かったネタ、また日本では体験できないことなど、苦労話、または役に立つ情報を皆さんにお届けして参りたいとおもっております。時には日本語講師で外国人に日本語を教えながらと、日々見知らぬ土地で頑張っています。趣味は軍事政治やアメリカの歴史を読むこと。幼少時代からアメリカの文化に興味がありLAへやってきました。多くの日本人が旅や移住で困らないように現地を詳しくレポートして記事にしていきたいと思います。