フィリピン語学留学情報!実は韓国資本の学校が多い?

Photo by フィリピン留学ナビ 

 

ここ何年かグローバル化ということで、世界の経済がフラットになってきておりビジネスにおける国境がほとんどない状況にある。

 

 

 

その様な状況下で、グローバルにビジネス展開するには世界共通語としての英語を実際に使用できるのかということは、ビジネスをするうえでは必用条件になってきている。

 

 日本人にとって非常にハードルが高いのが、第2外国語を日本に居ながらにしてどのように学ぶかということである。

 

海外に留学や仕事で滞在しないで、ビジネスレベル使用することができるようになるということは、至難の業であることは明らかです。

 

そこで、最近安くて集中的に英語の学習ができるということでフィリピンへの英語留学が人気になってきています。

もともとは、韓国人たちが英語を学ぶのにフィリピンに行っていたのですが徐々に韓国人が英会話学校をフィリピンで初めて次第にその学校数が多くなり日本人も韓国資本の英会話学校に行き始めて、最近はオンライン英会話が流行りになってきています。

 

 

 その中でも、有名な学校がセブ島にあるSME AG です。2006年に学校を設立して以来順調に生徒数を獲得して現在は800名の生徒を受け入れられる英会話学校になっておりその規模はフィリピン全土でもトップレベルです。

 

この学校は、韓国資本の学校ですが日本人の学生も時期にもよりますが、30%以上になることも多いようです。フィリピンは、危険というイメージが強いですが各学校も安全面には非常に気を付けているため規則に従って勉強をして生活するのであればさほど気にすることはないと思います。

 

 学校のカリュキュラムは、コースによっては非常に厳しく集中して英語を学びという点では値段がお手頃で満足度は高いと思います。

 

 

TOEICの集中コースや留学に必要な試験対策など様々なコースが用意されており、勉強と遊びを両立させながら勉強できるという点では欧米への留学準備という点ではお勧めです。

 

 日本から、4時間から5時間で行けて時差も1時間ということで短期滞在型の集中語学コースということで考えるのであれば、学生だけでなく社会人の方も検討されてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Sato777

サッシーです。海外留学から日本に帰ってきて日本の生活になじむのも結構大変だなと認識している今日この頃です。いろいろなことに興味があって、クリエイティブな発想(奇想天外?)と行動力(フリースタイルでよく脱線)で新しいことを創造していきたいですね!よろしくです^^)