中国移住生活あるあるvol.16~食べ物編・上海蟹専用○○○?編~

Shanghai hairy crab by kobakou

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


やっぱり中国と言えば上海蟹!


 やっと現在の季節に一致しまして”おいしいものがいっぱいの冬”食べ物編に突入です♪。今までも,四川省の麻婆豆腐,雲南省の松茸,その他焼き芋など書いてきましたが,やはり今回は上海蟹!でしょう。

 

前回の中国移住生活あるあるvol.15書きましたように,上海蟹のおいしい季節がやってきました。上海蟹の大きさは日本のワタリガニくらいで,それほど大きくありません。蟹肉はあまりないので,そこがお好みの方はイマイチかもしれませんね~。私は淡白な蟹肉が好みなので,例えば,タラバガニとかズワイガニの方が実は好みなのですが,上海蟹の長所は内子や蟹みその部分が大変クリーミー!!。この濃厚なコクが他の蟹では味わえないところですね~。

 ただ,上海蟹を食べる時に困ることが1つあります。自分で蟹を剥くと食べるところが

 

なんだかほんの少しだけになってしまいます(T_T)。ちなみにローカルの皆様は,大体そのまま口に頬張りまして,固い殻だけを口から“ぷっ”と吐き出しております。さすがにその方法はできず,お箸等使いながら蟹肉や内子をホジクリ出してみましたが,取れた量はほんの少しで…。まー,日本にいても蟹は大好きだけれども食べるのが少々メンドクサイので,私は取り分けてある方を選んでしまいます。なので,上海蟹のせいだけではないとは思いますが…。

2

上海蟹 by Toshi K

で,これではおいしい上海蟹をとことん味わえないぞ,と気づきまして,蟹肉や蟹みそ,内子などをきれいに取り出してくれる上海蟹専用コック!が居る店を利用することにしました。

 その店は,注文時に「上海蟹をコックに剥いてほしい」旨を併せて伝えておくと,上海蟹がテーブルに届く時にコックも一緒にカートを押しながら来てくれます。下の写真のように(この写真は北京ダックのようですが),蒸しあがった上海蟹を目の前で捌き,蟹肉・内子など部位ごとに分けてくれます。(^.^) このシステム?の店がなかったら,おいしい上海蟹を存分に味わえないで終了!となったかもしれません。しかし,このようなコックさんが対応する店が,今はほぼ無くなってしまったような状況らしいのでホントに残念ですね~(T_T)。

4

by marko8904

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

にーな

ライタープロフィール:本を読むことと文章を書くことが好きな主婦です。中国国内及び東南アジア方面への旅行経験が豊富です。また,中国在住歴があるので「中国生活あるある」も披露できたらと思っています。よろしくお願いします。