中国移住生活あるあるvol.12~交通編・時計表示付きの○○ 編~

Traffic jam by fung.leo

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


中国の交差点は危険!


またまたまた,引き続き交差点でございます。さすがネタの宝庫とでも言いますか…。

前回の中国移住生活あるあるvol.11~交通編・赤でも○○?中国的交差点編~では機能不全に陥る交差点をお伝えしましたが,その際に引き起こる大騒音を付け加えなければいけませんでした。(*^_^*)

 

 皆様ご存じのように,日本と比べて中国国内,特に都市部は,とてもとても“にぎやか”(かなり抑制的表現でございます。笑)です。日本に一時帰国しますと,その静けさに改めてビックリします(今住んでいるところが地方都市ということもありますが)。

中国移住生活あるあるvol.9中国移住生活あるあるvol.10でもお伝えしたように,もちろん人があふれるほど多いこともありますが,1人1人がにぎやかと言いますかパワフルな印象ですね~。文化の違い?でしょうかねえ…。

 例えば,中国移住生活あるあるvol.11のように,直進不可能なのに交差点に突っ込んでいき,しまいには通行の障害物等になった場合は,クラクション!×クラクション!…で,やはり音量が∞です。当然,大騒音状態となります。でも,ローカルの通行人の皆様は,それらにあまり注意を向けることもなくフツーです。(^_^;)(このような状況は絶えず起こりすぎる?ので“イチイチ注意なんて向けていられるか!”ということかもしれませんが…)

1

Countdown on the traffic lights by renaissancechambara

 

また,中国の交差点で良く見かけるのは,時計表示がついた信号です。これも「中国生活あるある」の1つですね~。日本にも同様のカウントダウン時計付き信号はありますが,中国の都市部は,ほとんどがこのタイプの信号だったような印象です。日本で良く見かけるのは,信号というより道路工事中で片側通行の場面かもしれませんね。

ただ,カウントダウン時計付き信号であったとしても,特に歩行者はほぼ“フライング”気味です。(^_^;) vol.9で書きましたように,まー,信号があっても無くても,片側4車線だろうが道路を横断していますので,カウントダウン時計は参考程度かもしれません…。

ただ,「あとどのくらいで信号が変わるかなあ?」などと考えなくてもいいので,私は

そのような機能が付いている方が歩行者にも助かるし便利だなあ,とも思いましたね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

にーな

ライタープロフィール:本を読むことと文章を書くことが好きな主婦です。中国国内及び東南アジア方面への旅行経験が豊富です。また,中国在住歴があるので「中国生活あるある」も披露できたらと思っています。よろしくお願いします。