アイルランド留学生活〜クリスマス前月、今のうちにホリデーを

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


クリスマス前月の暇なうちに…休暇を取ってロンドンへ


11月に入ると、なんとなーくみんなが考え始めること。それはクリスマスのこと。

お店のマネージャーは「12月は忙しいから。ホリデー取るなら11月中に取ってね。」と。お店のみんなも「クリスマスはどうするの?私、昨日実家に帰る飛行機予約したんだ。久しぶりに家族に会えるからすごく楽しみ~!」とワクワクの様子。クリスマスどうするかなんて、全く考えてなかった。しかも、今月休み取っていいって言われても、特に予定ないしなぁ・・・。

 

と、そんな中、知り合いが11月に仕事でロンドンに来ると連絡が入った。せっかくだから会いたいなぁ。行っちゃおうかなぁ。でも、本当に仕事休んでもいいのかなぁ・・・なんて思ったりもしたけれど。他の仕事仲間は「1ヶ月メキシコ行ってくるから!」と、躊躇することなく休暇を取っているじゃないか!しかも2人も!!休みを取ることに対して遠慮しない。それがヨーロッパでは当たり前なようで。「休んでもいいかな、やっぱダメかな・・・」なんて心配するの、ホント私ってば日本人だなぁ。。そっかーじゃあとりあえず、

ロンドン行っとくか。

1london

そんなわけで、さくっと1泊2日のロンドンへ行っちゃいました☆今回は、知り合いに再会するのが目的だったので、午後の便でロンドンへ。晩ごはんの時間には無事に合流。久々の再会、お互いの近況報告や日本の状況を聞いて、ちょっと懐かしくなったりして。こうして異国の地で自分の知ってる人に再会できるという貴重な機会に感謝して、ゆっくり楽しみました~☆ロンドンという異国の地なのに、さくっと行けてしまうこの気軽さ…すごくいいなぁ♪

london2 

さて、翌日。知り合いは仕事がないと聞いていたのですが予定が変更になってしまったとのことで、私一人。案の定、一人での行動予定、何も考えてない・・・。どうしようかなーうーん。あ、そうだ!

 

ミュージカルに行こう!

以前友達とロンドンに遊びに来た際、生でミュージカルを観て鳥肌が立つほど感動したのを思い出したのです。でも、前回観たときは英語もまだ全然だったし、元々ストーリーも知らない「オペラ座の怪人」で。韓国人の友達にストーリーを教えてもらいつつ、なんとか理解して感動するまでに至ったんだよなー・・・。

そんな経験を踏まえ、今回のチョイスは「ストンプ」。デッキブラシやら鍋やらゴミ箱やらやらを、打楽器がわりに叩くパフォーマンスをするミュージカル。日本に来てた時に気になってたんだけど、結局行かなかったんだよね。言葉は発しないというし、これだったら英語がわかんなくても問題ない~♪

london3

事前にチケットの予約はしてなかったけど、平日昼間の公演だったので劇場でチケット売り場ですぐ買えました。空いていたので、座席も「今あるチケットだとこことここが見やすいと思うけど、どっちがいい?」と選ばせてくれたり。無事にチケットを手に入れて、いざ開演。出演者みんな、自身の手足はもちろん、日常にあふれるありとあらゆるものをリズミカルに叩きだし、観客は「そんなものまで楽器になるの?!」と驚きの連続!最後はスタンディングオベーションで大いに盛り上がりました!

 

会いたかった人にも会えたし、ミュージカルも観られたし。短かったけど、ロンドンでの休暇を思う存分楽しんだのでした☆

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

しのぱん

しのぱんです! エンタメ業界で働きまくった日々をくぐり抜け、英語習得のためにたどり着いたのはなぜかアイルランド。語学学校に数ヶ月通ったものの、そこそこレベルの英語力で帰国。迷った末にワーホリビザを取得して、これまたなぜか再び渡愛。皿洗いで生計を立てつつ、外国生活、ヨーロッパ旅行の日々お気楽暮らし。しかし、気づけば滞在歴トータル2年とちょっと。30歳も超えて、『職業:皿洗い』じゃマズイだろ、と今度は本当に日本に帰国。転職を繰り返しつつなんとか社会に復帰して、たまの海外旅行で満足している今日この頃です。 当時の生活、海外旅行記などを書いていこうと思ってます。あくまで個人的な経験を書いていくのでお役に立てる内容ではありませんが、暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします☆