OLバックパッカー旅行記〜エジプトのリゾート地をご紹介!〜

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


エジプトは砂漠のイメージ?

以外と知られてないエジプトのリゾート地


エジプトのリゾート地、第2弾としてマルサマトルーフをご紹介します。

第1弾はOLバックパッカ旅行記ー〜エジプトは海が綺麗!?実はリゾート地がいっぱい〜 よりご参照ください!

旅行者では紅海に行く人が断然多いのですが、地中海のマルサマトルーフもとても美しい海です。アレキサンドリアに行かれる場合は、マルサマトルーフまで足を伸ばしてみるのをおすすめします。

 ビーチは、街の中心に近いところから遠いところまで、数多くあるのですが、やっぱり遠いビーチの方が水が綺麗で、人も少なくのんびりできます。

 こちらは街から一番遠いアギーバビーチです。

海の色は紺碧からコバルトブルー、そして淡いブルーと青のグラデーションになっていて、真っ白な砂浜へと続きます。

 

すごく綺麗で感動したのですが、海から少し離れた砂浜はゴミだらけでした・・・。

これがエジプトらしいところなのですが、少し残念。1

 

ビーチには、日本のように海の家というのはありませんが、たまにお菓子や洋服などを売りに来る人がいます。そして、結構みんな買っています。

 111

さて、エジプトはイスラム教の国なので、女性はどんな格好で泳ぐんだろうと思うかもしれませんが、イスラム式の水着があり、長袖長ズボンの上下(全身タイツみたいに見える)の上から、ふわっとしたワンピースというスタイルです。

 

外国人が多いダハブでは、全く気にせずに普通の水着で泳いでいたのですが、マルサマトルーフはほとんどがエジプト国内から観光客なので、外国人であっても服装には注意が必要です。

 

私はイスラム式の水着を持っていなかったので、水着の上に長めのTシャツとレギンスを履いていました。

 

マルサマトルーフの街はというと、カイロとは違って建物がきっちり縦横に並んでいるという印象でした。そして、連休中だったこともあり夜でも熱気冷めやらぬ賑わいでした。

 

エジプトはもともと夜型の人が多いので、普段でも子供ずれの家族が夜の11時12時まで街をうろうろしているのですが、休みの日となるとさらに遅くまで出歩いています。

 

私は12時でリタイアし、一人部屋に戻ったのですが、他の人は4時ぐらいまで、盛り上がっていたみたいです。イスラムの国なのでもちろんお酒は飲まずにです。

 

そして翌朝は、みんなお昼を過ぎまで寝ているので、4日中2日は夕方になってようやく海に行き、寒い中泳ぐはめになりました・・・。

 

 

 

 

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • What i don’t understood is if truth be told how you are now not actually much more nereey-preflartd than you may be right now. You’re very intelligent. You recognize therefore considerably in relation to this matter, produced me personally believe it from numerous various angles. Its like women and men aren’t fascinated until it¡¦s something to do with Girl gaga! Your own stuffs nice. At all times deal with it up!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    Mei

    Meiです。学生時代は中国語にはまり北京と天津に留学していました。初海外が中国留学だったのでいろんな意味で鍛えられたと思います。社会人になってからは、長期休暇の際は海外旅行に行くようになり、OLバックパッカーとして35カ国回りました。2015年春に7年間勤めた会社を退社し、2015年8月よりエジプトのカイロで生活することになりました。いろいろと不安はありますが、とりあえずやってみるがモットーなので、ハプニングも楽しんでいこうと思います。