OLバックパッカー旅行記〜エジプトの市場は生々しすぎるからオススメできません〜

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


生きた動物をその場で捌くエジプトの市場


肉屋の前には肉屋と分かるように、牛だか羊だかわかりませんが、動物の大きな胴体がぶら下がっていたり、動物の顔や足が並べられたりしています。グロいので写真はあえて載せませんが・・・。

 

鳥かごの中から生きた鳥を引っ張り出してさばいたり、市場の横ではこれから食べられるであろう羊の群れがあったりと、新鮮と言えば新鮮なのでしょうが、スーパーでパック詰めにされた肉しか知らない日本人にとっては衝撃だと思います。海外旅行である程度このような光景には慣れてい流私ですが、さすがにさばく瞬間は目を背けてしまいました。

 

カイロのアタバという場所にスーク・アルアタバ(アタバ市場)があり、カイロの台所と呼ばれています。住んでいる所にも市場はあるので用はなかったのですが、ものはためにし覗いてみると、狭い路地に肉屋がずらーっと並んでいて、生臭かったですが、お店の人たちは皆んな陽気で写真を撮ってくれ攻撃がすごかったです。

 

市場なのでもちろん野菜も売っています。肉の衝撃が強い分、野菜は安心して見ていられます。エジプトでよく料理に使う野菜は、トマト、茄子、白茄子、ピーマン、あたりでしょうか。暑いのでいわゆる夏野菜が多いのかもしません。あとは豆が非常に多いです。

 

この周辺は食べ物だけでなく、いろんな店が揃っています。電気関連もあれば、表彰の時に渡すような盾専門店、お弁当屋さんで使われるようなアルミ製ケース専門店など、こんなピンポイントで商売してやっていけるのか疑問ですが、確かにここに来ればなんでも揃いそうです。名称未設定

 

また、別の場所ですが動物を売っている青空市場にも行ったことがあるのですが、ペットのうさぎなんかも売っていますが食用の鳩を売っている露店が多かったです。

エジプトでは鳩料理が有名なのですが、一般人が鳩を買って、自宅で好みの太さに成長させて、お店に持って行って料理してもらうそうです。鳩肉にそんなにこだわりがあるのもビックリですし、酪農業でない限り、日本で家畜を買っている家などそうそうないと思うので、食べるために飼うという発想が私にはなかったのでカルチャーショックでした。

 

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Mei

Meiです。学生時代は中国語にはまり北京と天津に留学していました。初海外が中国留学だったのでいろんな意味で鍛えられたと思います。社会人になってからは、長期休暇の際は海外旅行に行くようになり、OLバックパッカーとして35カ国回りました。2015年春に7年間勤めた会社を退社し、2015年8月よりエジプトのカイロで生活することになりました。いろいろと不安はありますが、とりあえずやってみるがモットーなので、ハプニングも楽しんでいこうと思います。