OLバックパッカーinイスラエルの首都エルサレム〜3つの宗教の聖地〜

Photo by Marco Di Leo

イスラエルの首都エルサレムは

3つの宗教の聖地となっていて、世界でも珍しい場所。

 

だからこそ、問題が絶えない。

でも、だからこそ、神秘的。

 

イスラエルなんて危険!という人もいるかもしれませんが

紛争地帯のガザなどは、そりゃもちろん危ないですが

エルサレムは意外と普通の観光地です。

 

敵対する宗教の聖地を壊したら

その隣に自分の宗教の聖地があるわけなので

一緒に壊れてしまいますしね。

 

以下、3つの聖地。

 

 

①キリスト教の聖墳墓教会

名称未設定号泣している人がたくさんいました。

圧倒される空気感。

友達は怖かったと言っていました。

 

 

②イスラム教の岩のドーム

2

イスラム建築好きの私としてはぜひ来たかった場所。

内部はイスラム教としか入れないので、見れませんでしたが

きっと泣いている人いると思う。

イスラム教徒の友達に、岩のドームに行ったと言ったら

とても羨ましがられました。

自分の宗教の聖地なのに、イスラエルに入国できないので

行けないんですね。せつない。

 

 

③ユダヤ教の嘆きの壁

3

最近は、日本でもイスラム教徒の方を見るようになりましたが

ユダヤ教徒って、日本で見ることはほとんどないですよね?

少なくとも、いかにも!という格好をしている人を見たのははじめてでした。

ちなみに、私はこの嘆きの壁で、泣いている人たちに混じって、30歳を迎え嘆きました。

 

聖地でなにやってんだかって感じですが、女性にとって、30歳っていろいろ考える重~い年齢ですからね。

 

このエルサレムの旧市街は、

狭い路地みたいなかんじなのですが

道が似ていて、夜になるとお店も閉まるので

迷子になる確率高いです。

 

日が暮れると、日中の喧騒が嘘のように

ひっそりとするので、方向感覚に自信のない人は

夜は一人行動は避けた方がいいかも。

 

私は、迷子になって同じところをぐるぐる回って

抜け出せなくなるかと思いました!笑

 

イスラエルでは、出会いが多くて

しかも、一期一会じゃなくて、その後も続いています。

 

BBQしたり、お伊勢参りに行ったり。

イスラエルで出会った友達が、今、ドイツにいるので

会いに行ったり。

こういう出会いも、旅の醍醐味ですね。

 

 

3 件のコメント

  • Unquestionably believe that which you stated.
    Your favorite reason seemed to be on the internet the simplest
    thing to be aware of. I say to you, I definitely get annoyed while people consider worries
    that they plainly don’t know about. You managed to hit the
    nail upon the top as well as defined out the whole thing without having side-effects , people could take a signal.
    Will likely be back to get more. Thanks

  • I must thank you for the efforts you have put in penning this site.
    I’m hoping to see the same high-grade content by you in the
    future as well. In truth, your creative writing abilities has motivated me to get my very own site now 😉

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    Mei

    Meiです。学生時代は中国語にはまり北京と天津に留学していました。初海外が中国留学だったのでいろんな意味で鍛えられたと思います。社会人になってからは、長期休暇の際は海外旅行に行くようになり、OLバックパッカーとして35カ国回りました。2015年春に7年間勤めた会社を退社し、2015年8月よりエジプトのカイロで生活することになりました。いろいろと不安はありますが、とりあえずやってみるがモットーなので、ハプニングも楽しんでいこうと思います。