チェコ移住生活〜「影の薄い首都」スロバキアのブラチスラバを紹介!〜

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


スロバキアのお城レストランって?


前に「影の薄い首都」として紹介させてもらったブラチスラバ。今回母が日本から遊びに来たため、まさかの再来訪である。ただ前回気づかなかったこと、前回出来なかったことをしてきたので、それを今回は書きたい。

まずは前回出来なかったこと、それはお城レストランでの食事だ。ブラチスラバ城の脇に「Restaurace Hrad」(Hradとはスロバキア語でお城という意味)がある。ここは一応高級レストランという括りになるのだろうか。名称未設定この日は9月末で15℃となかなか寒く、中で食べることにしたが、テラスからの旧市街の景色は美しい。1

今回ここで注文したのが、牛肉ステーキのサラダと鴨肉のロースト。値段を忘れてしまったのだが、メインの価格は15~20ユーロくらいだったように覚えている。2

味は非常に美味しかった。ただ若干問題だったのは店員の質。ただこれはチェコにもいえるのだが、つい20数年前まではここは共産圏だった。だからすべてのレストランとは言わないが、日本と同じような対応を期待することはできない。

 

レストランを後にし、次に前回できなかったこと、新市街側からブラチスラバ城を眺めてみた。お城を背にUFOの塔のある橋を渡り、UFOの塔の近くの駐車場に止めて撮影したのがこの写真。ブラチスラバ城は前回も述べたように、テーブルを逆さまにしたような形と言われているが、やはり4本足すべてを眺めることはできなかった。3

また旧市街側に戻り、前回一回の来訪で覚えてしまった街を母に案内した。ただいきなり前回気づかなかった、というか敢えてスルーした行列を発見。どうやらアイス屋のようなのだが、アーケードの中にあるため、外からは何屋だかわからず、前回は素通りしてしまった。4

寒い日でも大行列、これは期待できると入った店内には、以外にも10種類ほどのアイスしかない。私が買ったのはヨーグルト味のアイス。正直今まで味わったことのないクリーミーさ。5

まさかブラチスラバでこんなに美味しいアイスに出会えるとは。Kounという名前のアイス屋さんなので、Bratislava Kounと検索して、ぜひブラチスラバに行ったら立ち寄ってほしい。

 

2度目のブラチスラバ、意外にも満喫してしまった。

 

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

チェコの埼玉県民

30代前半で駐在から帰国。ばりばりの日本企業に転職するも2社渡り歩き、定着せず。そんな私が新たな場所を求めて30代半ばでチェコへ来ることに。 趣味は旅行。街を歩いて、汗をかいたら店のテラスでビールを飲んでを繰り返すのが気持ちいい。 最近のマイブームはチェコ語。あらゆる場所でひたすら挑戦し、玉砕する毎日。30代独身自由人、チェコで楽しく生きてます。