イギリス留学生活〜ロンドンの語学学校で試験勉強〜

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


留学へ行く前に日本で最低限の努力を


ロンドンに語学留学へ行きたいと思い立ち、プランを立てることになりました。半年というと長いしかなりの資金も必要だし、とはいえただ目的もなく一般コースに何カ月もいるのも上達するのかなと思っていたところ、イギリスでは有名なケンブリッジ英検の試験準備コースがあり、ちょうど3カ月という期間で設定されていることがわかりました。

この試験は以前にも受けたことがあったので、私には少しハードルが高いですが1~2年滞在した後に受ける上級レベルのコースを受講し、3カ月後にその試験を受けることにしました。せっかく行くのだから無駄の無いよう過ごしたい、そのためには高レベルのクラスで成果を上げたいと思ったのです。

金額や期間などを検討して数ある英語学校からロンドン中心部にある学校に決めました。午前中の授業だけだと残りの時間を遊んでしまいそうなので、同じ内容の試験コースを午後も受けることにしました。もちろんそんな人は一人もいませんでした。

上級を目指すクラスなので入ってみるとヨーロッパ人がほとんどでした。日本人はクラスに2~3人。なのでどうしても同級生との会話は英語になります。

午前中のクラスは明るい性格の人が多くすぐみんなと仲良くなり、特にギリシャから来たドリーナとはとても仲良くなって授業中でもしゃべるので良く先生に怒られました。学校が終わってからもこのメンバーとはお茶に出かけたり観光に出かけたりと、あちこち大人数で一緒に出かけました。

1午後のクラスは一転もう少し落ち着いた感じの雰囲気でした。先生も真面目な感じで、こちらもヨーロッパ人が多かったのですがもしかしたら年齢が上の人が多かったのかもしれません。

今回英語学校に入って強く思ったのは、こうやってヨーロッパの人たちと仲良くなれるのはある程度英語が既に話すことが出来たからだと思いました。これから語学留学をする予定の人がいたら、ぜひ日本にいる間に最大限英語の勉強をしてから留学してください。

日本で勉強する方が英語学校に行くにしても独学で勉強するにしてもお金はかからないですよね?日本で準備しておけばしておくだけ、現地に行ってから有利になります。右も左もわからない状態で行くよりはある程度コミュニケーションが出来るようになってから行く方が楽しいし友達も出来やすいでしょう。まさか海外に行ってまで日本人と始終一緒にいたいとは思ってないと思います。

1日2コースも受講して、放課後や休日もなるべく勉強して真剣に取り組んだ結果、テスト本番では時間が足りなくなったりともうだめだと諦めつつも受けたテストはおかげさまでB判定で合格することが出来ました。ある程度の結果が残せて本当に良かったと思います。2

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

marimarin

大好きなミュージシャンがいるイギリスに行きたくて、アルバイトをしてお金を貯めてその地を踏んでからもううん十年。 結婚して子供もいてなかなか思い通りにはなりませんが、それでも数年ごとにイギリス旅行を満喫しています。 現地にはイギリス人の友達もいて、異文化も楽しみながら新しいイギリスを発見しています。 イギリスでの楽しかったこと、苦しかったこと、あり得ない体験談、役に立つ情報などをお届けしたいと思っています。 夢はいつか移住をすることです!