中国移住生活あるあるvol.5~各国の中国語表記がわからない! W杯対戦相手はどこの国?編~

South Africa Tracker 2010 (サッカー ワールドカップ) by yto

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


中国語表記だとアメリカは『美国』?


 続いてコトバで戸惑ったのは,国名ですかね。これも「中国生活プチあるある」の1つだと思いますが,例えば,サッカーワールドカップやオリンピックなどを中国のニュースで見ても当然「?」となります。「どの国とどの国が対戦しているのだ??」という状況に陥ります。比較的よく目にする国名,アメリカ,イギリス,フランスなどは徐々に覚えましたが,普段あまり目にしない国名などは,後で日本語放送やネットで確認することもしばしば。特に,アフリカとか南米などの国名は迷宮にほぼ入りこみます…。

 戸惑いを増幅させるのは,国名が日本と同じ漢字を使っているとは限らないことです(T_T)。アメリカは日本語では国ですが,中国語では国です。イギリスは同じ英国ですが,フランスは国が国となります…。

今さらですけれど,ご存じの方も多いと思いますが,中国語にはカタカナは当然ありません(あたりまえです。失礼しました)。全て漢字で表記されています。併せて漢字も日本とは異なっていて,中国で使われている漢字は「簡体字」といいます。

 それでも中国語学習をする上では,英語圏の方々に比べれば,漢字を使用している日本人は有利なんだと思います。簡体字を見てもなんとなく意味が分かったような(大体間違っていたりします)気持ちになってしまいますが,発音はもちろん違いますし意味も異なることが多いのです。初心者の私が言うのもナンですが,全くの別の言語と思って学習することが必要です。

 

1謝罪の態度 by june29

 

また,日本人はよく「すいません」といいますが,中国ではあまり聞かないかもしれませんねー。日本語の「すいません」に相当するようなフレーズは1~2個覚えましたが,あまり効果がない印象です(笑)。混雑した某観光地で,覚えたてのフレーズ「不好意志」などを言いまくったことがありましたが,効果はまるでありません。これもごくフツーにあります。私達が通路を通れるように少し避けてもらうなどですが,全く気づきもしない感じでございます。

 で,その時一緒に居たガイドさんが教えてくれたのは,「みんな俺/私に言っているとは全く思っていないんだよ。」と。

そうなのか~(ココで感心してもしょうがないんですけどね)。「気づいてもらうためのいい方法がありますよ。師哥(日本でいうイケメンのこと)とか美女(発音は違いますが意味は同じ)とか言うと,みんな俺/私のことだと思って気づいてくれます。」ということでした。さらにガイドさんが(そこは観光客で混雑した長い階段の下だったのですが)「ココでそのコトバを言ったら,きっと2~3人は必ず振り向くよ。」と言いつつ試そうとするので,それはさすがに止めていただきました(@_@;)。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

にーな

ライタープロフィール:本を読むことと文章を書くことが好きな主婦です。中国国内及び東南アジア方面への旅行経験が豊富です。また,中国在住歴があるので「中国生活あるある」も披露できたらと思っています。よろしくお願いします。