チェコ移住生活~ナポレオンゆかりの地、アウシュテルリッツへ~

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


アウシュテルリッツの戦いは

チェコが舞台だった!?


 

「アウシュテルリッツの戦い」というワードを耳にしたことがあるだろうか?私は世界史で聞いたことがあるような。。。そんな微かな記憶があった程度。ただ、チェコの高速道路では世界遺産や観光地を示す茶色い標識が立っているのだが、一番中心の高速道路D1を走っていると、Brno(ブルノ)からOstrava(オストラバ)へ向かう途中に「Austerlitz」という文言が見える。実はここブルノ近郊にあるSravkov na Brna(スラフコフ・ナ・ブルナ)という町は、あのナポレオン率いるフランス軍がロシア・オーストリア連合軍に勝利した戦いの舞台となった場所らしい。

 2-1

 

今回は別の用事があったため、実際の合戦場には行く時間がなかったのだが、戦いのあと、フランスとオーストリアが平和条約を結んだ部屋のある城館Zamek Sravkov(スラフコフ城)に足を運んだ。

 2-3

中には入らなかったのだが(中は12月から3月までは事前予約した団体客のみに開放しているようなので注意)、なんとも美しいバロック様式のお城だ。

 2-4

そしてなんとも美しいのが、地平線に向かってまっすぐ伸びる広大な庭園。木々の美しい城館の庭園はチェコでもよく見ていたのだが、ここの庭園の解放感は格別だ。

 プラハの南東200キロくらいのところにある当地。今回私たちは車だったが、公共交通機関であればプラハからブルノまで高速バスや電車(所要約2時間半)で向かい、その後ローカルバスで20分ほどの道のりだ。

 2-5

ちなみにこの町で面白いものを発見した。ガソリンスタンド「天竜」だ。なぜチェコに?そしてなぜこんな片田舎に?店内はごく普通のガソリンスタンドなのだが、カフェに吊られている提灯に若干の日本ぽさを感じる。あとでホームページをみると、名前の由来は静岡県天竜市から来ているようだ。ただこの会社がどのような経緯でできたものなのかは、わからない。

 

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

チェコの埼玉県民

30代前半で駐在から帰国。ばりばりの日本企業に転職するも2社渡り歩き、定着せず。そんな私が新たな場所を求めて30代半ばでチェコへ来ることに。 趣味は旅行。街を歩いて、汗をかいたら店のテラスでビールを飲んでを繰り返すのが気持ちいい。 最近のマイブームはチェコ語。あらゆる場所でひたすら挑戦し、玉砕する毎日。30代独身自由人、チェコで楽しく生きてます。