トルコ旅行のお土産に!トルコの華、絨毯はとても手が出ないけどという人にキリムはどうでしょう?

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

トルコ絨毯と言うと、ペルシャ絨毯と並んで高級絨毯として有名です。

模様も鮮やかでどっしりと重く、まるで厚みのある絵画のような美しさがあります。

トルコに訪れた事がある人は、その美しさに欲しいと思った事が一度はあるのではないでしょうか?

しかし、ペルシャ絨毯もそうですが、トルコ絨毯も高価で、ちょっとおみやげとして購入するには勇気がいりますよね。

そこでもっと手軽で、同じような図柄も用いられている事が多いキリムをおみやげとして買って帰るのはどうでしょうか。

重さ自体も絨毯より軽いので、単純に持ち帰りやすいという利点もあります。

 

1、キリムとは


1引用元 https://twitter.com/shibafu_store/status/343215798220902401

 

トルコの人々は昔は遊牧の民でした。

その遊牧の暮らしの中で生活の為に織られていたのがトルコ絨毯であり、キリムです。

絨毯は柄に応じて横糸を細かく結んで織っていくので分厚く重厚ですが、キリムは普通に横糸を交互に潜らせて行く織り方なのでいわゆる平織りとなっています。

キリムはひざ掛けや物入れの袋、寝具となったりと、少し薄手の生地だからこその柔軟な用途に使われていたようです。

その為、キリムには小さめのサイズも多く、現代でも壁掛け用の小さな物から玄関マットに使ったり、テーブルクロスにしたりと、購入しやすい物が売られています。

キリムと絨毯の違いは裏を見ると分かりやすく、普通のキリムは裏と表が同じ模様になっています。

ただしキリムの仲間にジジムやスマックといった、普通のキリムでは出来てしまう隙間を埋める技法が使われている物があり、これらは裏に結び目が多く出来ます。

これらの技法は刺繍のように細かい模様を作る場合に使われているようです。

また、素材に関しても、絨毯は高級素材のシルクの物が多いのに対して、キリムは元々そうであったようにウールの物が主体です。

 

2.キリムはどこで購入したら良い?


2引用元:http://tararan.blog.jp/tag/%E3%82%AD%E3%83%99%E3%83%AC%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB

 

絨毯やキリムは実は価値が見極め難く、うっかり高い価格で買わされてしまう事が多いおみやげ品と言えます。

そんな中で信頼性の高いお店は貴重です。

そんな貴重な信頼出来るお店としておすすめなのが「Yoruk Collection(よりゅっくこれくしょん)」というお店です。

日本では当たり前の値札ですが、トルコではあまり見掛けないと思います。そんな値札が、このお店はちゃんと付けられています。

もちろんその分値引き交渉はあまり捗りませんが、元々適正価格で販売されているので問題ありません。

仕入れのバイヤーさん達や日本の駐在員の人達もこのお店で購入しているとの事です。

イスタンブールのキベレホテル併設のお店で、可愛らしいピンクの看板が目印となっています。

住所は「Yerebatan Cad. No:37, Sultanahmet」で、電話は「0212-528-0099」です。

地図はこちらです。

 

https://www.google.co.jp/maps/place/Yerebatan+Cd.+No:37,+Alemdar+Mh.,+34110+Fatih%2F%C4%B0stanbul,+%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3/@41.009422,28.976751,19z/data=!3m1!4b1!4m5!1m2!2m1!1sYerebatan+Cad.+No:37,+Sultanahmet!3m1!1s0x14cab9be1af0efb7:0x155638a424f21314

 

アンティークのキリムも美しいですが、最近の物もまた今風のデザインで素敵です。

自分の好みの柄を是非見つけてみてください。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

mojimoji

知らない事を知る事が大好きなおばちゃんライターです。 物語を読んだり、海外の日常的な暮らしを知ったり、違う文化を体験したりする事に興味があります。 最近ハマっているのは電子書籍やスマートフォンで遊ぶねこあつめというゲームなどです。 電子書籍は無料で1巻丸々試し読みが出来る時などがあるので、今まで読んでなかったジャンルにも挑戦出来るのが楽しいと思います。 若い頃はウルティマオンラインというMMOゲームなどもやっていました。 ゲームの中で海外の人と交流出来るのは面白かったですね。