LA留学&移住記4〜これから海外へ移住や留学をする学生さんへ(文房具編)〜

出典:https://www.gazelle.com/thehorn/2015/07/28/9-apps-help-back-to-school-shopping/

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


辞書で調べてもでてこない英単語?


 

こちらの記事はLA滞在記 再録版〜これから海外へ移住や留学をする学生さんへ〜続編になります。

 

 

学校からsupply listが公開されたので、文房具をはじめ、それに書かれているものを揃えていきます。Supply listはクラス・先生ごとに出ている事が多いので、事前にしっかりとチェックしておきましょう。大体どこのリストにも書いてあるのは、文房具類は特にですが、表記のされかたが独特なので辞書で調べても出てこないものも。

例を挙げると、「No.2 pencil」「spiral notebook」「divider」「composition notebook」「index card」など。ちなみに上から、No.2(大体HBくらいの濃さ)の鉛筆、メタルリングで綴じてあるノート、バインダーを分ける薄いビニール・プラスティック製のもの、そして糸とテープで綴じられた厚めのノート(よくあるノートの綴じ方)、名刺より少し大きいサイズのカード(主に単語帳代わりに使用)になります。

1出典:http://www.amazon.com/Crayola-Third-through-Fifth-Supply/dp/B003UYV1ME

「No.2って何?」「スパイラルとは・・・?」といった知識で文房具店に行ったので買い物に時間が掛かりました。しかもノートはクラスごとに用意しますし、何故かクオリティの割に文房具が高くて結構な額になりました。びっくり。

 

個人的な感覚になりますが、中学、特に入学当初は持ち物に厳しかったのと、先生によってはsupply checkという名の持ち物検査みたいなものがありましたので、とりあえず最初だけはしっかりとリスト通りに用意しておいた方が安心です。ちなみに普通に売られているNo.2ペンシルが本当に書きづらいので、どこかのタイミングで日本のHB鉛筆に切り替えると大変便利。シャープペンシル(mechanical pencil)に関しては先生によってOKなところとNGなところがあったので、要確認です。もしも渡米前に余裕があれば、鉛筆をボックスで、赤青ペン、消しゴム、シャープペンシルくらいは購入して持って行くと良いと思います。

 

直前にアレが足りない!!となると本当に焦るので、余裕をもって準備をしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

haico

はじめまして。haicoと申します。現在は都内大学の文学部に在籍中です。中学入学~高校卒業まではアメリカ合衆国カリフォルニア州で過ごしました。実は時期の関係で日本で小学校の卒業式に参加できないままアメリカで中学校に入学してしまったため、私の小学校卒業証書は闇の中。3年前に高校を卒業後、帰国し、以降日本を満喫中です。海外で過ごした時間と経験があるからこそ、私は日本での生活が好きです。将来は海外に出て定住する事に対して積極的に考えてはいませんが、拠点を日本に置けるのであれば、海外をピョコピョコ飛び回ってみたいと思っています。 おいしい食事(特にステーキ)と漫画・アニメが大好き。米国にいた頃はお小遣いの半分以上を現地の日系書店で漫画購入のために使っていました。大学入学後は通学途中に秋葉原があるのでよく途中下車しています。趣味はデザイン・造形・服飾など。高校生時代に様々なジャンルの美術の授業を受講する機会があったので、そこから趣味に発展しました。大学では美術系サークルに所属し、その時に作りたいものを気ままに製作しています。 これから更に楽しい記事をお届けできるように、頑張っていきたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。