アメリカでのハロウィン当日の楽しみ方!

出典:http://www.partycity.com/product/halloween+candy.do

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


アメリカでもハロウィンの季節到来!


早いものであっという間にハロウィンの季節がやってきました。

ここ数年は日本でも、とくに渋谷あたりでは仮装して街を練り歩くようになったみたいでビックリです。アメリカの多くのお店では9月中旬くらいからだんだんハロウィンを意識したラインナップになってきますので、今は丁度ピークくらいでしょうか。ちなみにハロウィン専門の衣装屋さんでは、そろそろ人気商品の在庫が品薄になってくるころでしょう。ハロウィンに合わせた衣装は、基本的にはハロウィンの時期にしか販売しないので、早めに確保しておかないと売り切れてしまうのです・・・。筆者も最初のハロウィンは初動が遅くて、一番着たかった衣装が売り切れていたという苦い思い出があります。

 

さて、今回は前回のハロウィン衣装などの「準備」ではなく、当日の楽しみ方ついてお話します。ハロウィン当日は朝から仮装で学校や職場に行く方もいればそうでない方も・・・。それでも皆普段は持ち歩かないお菓子も持ち歩いたりして、まったりとハロウィンを楽しみます。ちなみに中学校ではほぼ100%生徒も先生も朝から仮装でしたが、高校ではすこし割合が少なくなっていて寂しかったような気がします。

 

昼間にわいわい楽しむのも良いですが、本番は暗くなってからです!高校生くらいまでの子は「やっぱりハロウィンはこれだよね!」なTrick or Treatに出かけます。ジャック・オ・ランタン型の提灯バッグ、ハロウィン仕様のビニールバッグなどをもって出発!筆者は高1(9th)まで参加しておりましたが、これがかなりもらえるんですよね。

ある年はA3サイズのビニールバッグがパンパンに、別の年はジャック・オ・ランタンのバッグが型崩れする程。

 

「Trick or Treat ウェルカムだよー!」という家は、庭先にハロウィンの飾り付けがしてあったり、どうぞ持って行って〜!とばかりに庭先にお菓子を入れた籠が置いてあるのでとても分かりやすいです。力を入れる家は本当に凄くて、電飾!人形!墓場!死神!とばかりに庭先やエントランスがお化け屋敷仕様になっていたり。見て回るだけでもとっても楽しい一日なのです。2出典http://www.partycity.com/content/halloween+treats+ideas+haunted.do

↑Party Cityでは、コスチュームだけではなく、ハロウィンを数倍楽しむグッズを販売しています。ハロウィン仕様のお菓子、なかなかの迫力です。

 

高校生や社会人となると、Trick or Treatに回るよりも、家でハロウィンパーティーのパターンが多めの印象です。Trick or Treatに行った先でも、パーティー中のことがほとんど。とある高級住宅街で行われるパーティーはとてつもない規模で、貰えるお菓子もたっぷり、クジかなにかを引かせてもらえて、抽選でDSが貰えたみたいな話も聞きました(実話)。

 

歴史が長いこともあって、ハロウィンは騒ぐためのイベントとはまた違う感じではありますね。筆者は31日に丁度都内で遊ぶ予定があるのですが、日本のハロウィンを実際に見るのは初めてなので、街がどんな風になるのかとても楽しみです。

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

haico

はじめまして。haicoと申します。現在は都内大学の文学部に在籍中です。中学入学~高校卒業まではアメリカ合衆国カリフォルニア州で過ごしました。実は時期の関係で日本で小学校の卒業式に参加できないままアメリカで中学校に入学してしまったため、私の小学校卒業証書は闇の中。3年前に高校を卒業後、帰国し、以降日本を満喫中です。海外で過ごした時間と経験があるからこそ、私は日本での生活が好きです。将来は海外に出て定住する事に対して積極的に考えてはいませんが、拠点を日本に置けるのであれば、海外をピョコピョコ飛び回ってみたいと思っています。 おいしい食事(特にステーキ)と漫画・アニメが大好き。米国にいた頃はお小遣いの半分以上を現地の日系書店で漫画購入のために使っていました。大学入学後は通学途中に秋葉原があるのでよく途中下車しています。趣味はデザイン・造形・服飾など。高校生時代に様々なジャンルの美術の授業を受講する機会があったので、そこから趣味に発展しました。大学では美術系サークルに所属し、その時に作りたいものを気ままに製作しています。 これから更に楽しい記事をお届けできるように、頑張っていきたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。