ロサンゼルス移住生活〜アメリカに住んで引っ越した家が壊れるし、アリが発生するわトラブル続出の日々〜

1968 Austin America by Hugo90

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


アメリカ移住生活はトラブル続き?


アメリカでは家のトラブルは不動産やアパートマネージャーが管理していますが、我が家の管理人は基本オフィスにいません。

アパートではだいたいが1Fのフロアにマネージャーがいます。私の家の場合、家のマネージャーもこのアパート内に住んでいるため、写真のように留守中でも手紙(トラブル用紙)を書いてポストに投函できる便利なシステムが設けられています。23

今回私が頼んだのは、コンセントが緩くてプラグが刺さらないトラブル、アリが発生している、エアコンがヒーターも冷房も使えない状態の3つのトラブルです。用紙も絵でわかりやすく見やすいかと思います。こういったマネージャーが留守中にも対応できる報告用紙がすごく助かっています。トイレのトラブル詰まりや、水回りの問題などカテゴリーがあってそこにチェックを入れるとマネージャーから電話がかかってきて何時に対応できるかアポイントを取ってくれるようなシステムで助かっています。最後の蛍光ペンで引かれた文字 AUTHORIZATION TO ENTER IN OCCUPANTS ABSENCEは、あなたが留守の間に修理することが可能?不可能?の文字です。

私は自分の自宅を留守中に修理させるのは怖いのでいつもNOで提出しています。前に住んでいた家もこのような似た用紙があってすごく便利でした。説明時間が省かれるのと、留守中でも修理してくれるのはありがたいですが。

私の部屋は改装後、私が初めての住居人なのにトラブルが多くてイライラしています。新しいのに壊れているってどういうことですか?と言って電気代今月分負担してもらう交渉しました!

エアコンが壊れてるってまだここへ住んで3週間も経たないのに。アリは出るし、鳩の糞はベランダに大量に散乱しているし、プラグは刺さらないし。そんな色んな理由からマネージャーへ今月分の電気代の交渉をOKもらいました。結構アメリカって交渉すると聞いてくれます。訴えたいわ。とか怒って言ったので余計に申し訳なさそうに対応してくれました。鳩の糞はさすがに対応できなかったけど、ベランダは最初で私が住む前に見ておくべきでした。名称未設定

アメリカの家に住む際細かい所もチェックしないと本当にダメなんだと後悔しています。ほかのコンセントとか電気が通っていない個所もあったので、住む際に何か充電器とか持って行って電気がちゃんと流れているのかも確認した方がよさそうです。日本で不動産に苦情出したことなんて1度もない私だったので自分が今クレーマーみたいになってすごく不愉快です。引っ越したばかりなのですが頑張ります!

しかもコリアタウンに住んでから隣人や向かいの部屋の夫婦喧嘩とかすごくてたまに、大声が気になって飛び起きてしまうこともあります。

こういった夫婦喧嘩などはマネージャーに言っても解決するわけではないので言いませんが、韓国人ケンカ多すぎ!

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

梅子

『梅子です。』 現在LA生活をエンジョイ中。 海外での困ったことや、面白かったネタ、また日本では体験できないことなど、苦労話、または役に立つ情報を皆さんにお届けして参りたいとおもっております。時には日本語講師で外国人に日本語を教えながらと、日々見知らぬ土地で頑張っています。趣味は軍事政治やアメリカの歴史を読むこと。幼少時代からアメリカの文化に興味がありLAへやってきました。多くの日本人が旅や移住で困らないように現地を詳しくレポートして記事にしていきたいと思います。