世界のいろいろなクリスマス飾り

Iluminacion Navideña del Corte Ingles by jacinta lluch valero

今回は世界のいろいろなクリスマス飾りの画像をご紹介します。身近にあるものを利用したユニークなツリーもたくさん!(2014年以前の画像もあります)

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


グミツリー


KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

Only 24 More Gummi Days Till Christmas! by Jackie

クリスマスカラーといえば緑と赤、ツリーと言えば三角でてっぺんに星(っぽい形)。その原則さえ守れば、なんでもツリーになってしまうんですね!クマの形のグミを並べて、「12月だよ!クリスマスまであと24グミ日!」だそうです。

 


オーナメントボールだけのツリー


8228849278_2b7670d354_k

Christmas in New York City by 何塞埃利亚斯 (何塞·克鲁兹)

2011年のニューヨークだそうです。一色だけでも、木じゃなくても、クリスマスのアイテムを積み上げたらクリスマスツリー(またはクリスマスピラミッド)になります!

 


街路樹をデコレーション


3108034464_36429a5785_o

Xmas-themed lanterns by islandjoe

フィンランド・ヘルシンキ近郊で2008年に撮影されたものだそうです。詳細は不明ですが、周りの風景からして広場か校庭のような場所に立つ街路樹と思われます。モミの木じゃなくても、クリスマス専用の飾りじゃなくても、クリスマスのテーマカラーを使うだけで…それはクリスマスツリー。暗くなって灯りを点けたら綺麗でしょうね。

 


廃品ツリー


6625496831_bed33b989a_b

Recycled Xmas Tree by Mountain/ \Ash

ゴミを利用したクリスマスツリー?少しカラフルを意識して、ヒモで縛ってぶら下げたり木の根元に置けば、それはツリーかもしれません… こんなイタズラをするのはどこの国の人か興味ありますが、詳細は不明です。周りの風景や日差しの感じ、木の感じからして、南国のような気がします。

ちなみに、クリスマス後に出るツリーのゴミは問題であるとして、アメリカなどでは鉢植えのツリーを販売し、シーズン後にツリー農家に返却してリサイクルする方式を採用しているところがあるそうです。

 


クリスマスクラッカーのツリー


1034216500_e75a4151dc_o

Cristmas Party 2006 by Tiffany

日本でポピュラーなパーティクラッカーは円錐形ですが、イギリスのクリスマスクラッカーは円筒形をしています。中には火薬が入っており、2人で両側から引っ張るとポン!と鳴って弾け、小さなプレゼントが飛び出してきます。

 


ハート型のツリー


15859966378_41b1c35df1_kHearts by Susanne Nilsson

2014年の12月、デンマークの首都コペンハーゲンにある遊園地・チボリで撮影されたものだそうです。緑一色の電飾と周りのオレンジ色の灯りがベストマッチですね!

 


デパートのビルがクリスマスツリーに


6513334771_0d5402236c_b

Iluminacion Navideña del Corte Ingles by jacinta lluch valero

2011年にスペイン・マドリッドで撮影されたもの。エル・コルテ・イングレスというスペイン全土にあるデパートのクリスマスイルミネーションの様子です。

 


オレンジポマンダー


15913304269_04c2eb0c5d_h

Christmas Oranges by Papooga

オレンジにクローブを刺してシナモンパウダーをまぶし、乾燥させたものを「オレンジポマンダー」と言います。クリスマスシーズンに欧米で作られるもので、プレゼントや置物にしたりします。古くは魔よけや病気よけのお守りとして使われていました。いい香りがし、クローブの殺菌効果と徹底的に乾燥させることで何年ももつそうです。

画像はオレンジポマンダーを作る最中の風景でしょうか。ポマンダーにするには、クローブをもっとびっしりと刺さないといけないはずですが…

 

 

個人サイトでもクリスマス関連記事を書いています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」