アイルランド旅行・留学ではパブを満喫するべき!

アイルランドといえば、何と言ってもまずはパブ!


アイルランド国内、どんな小さな村でどんなにお店が見当たらなくても、その地域に絶対1軒はあります。これは生活しててわかったんだけど、パブはその地域の社交場ってことなんですよね。

雨が多いし、田舎だからエンタテイメントも少ないし、その地域のみんなが自然と集うことができて、雨の影響もない屋内で一緒に飲んでしゃべって、時には歌って踊って…これが彼らにとってのエンタテイメントなわけです。

 

私も、パブにはめっちゃ行きましたー!

 

特に語学学校に通っていたときは、毎晩みんなで行ってたなぁ。当時ホームステイしていたのですが、私の家の周りにも、同じくホームステイしてる生徒が結構いて。

ある時日本人の友達から「今日、みんなが近所のパブに行くみたいだけど、一緒に行かない?」と誘われたのがきっかけです。

そこに参加していたのは、日本人含め、イタリア人、スイス人、フランス人、韓国人…近所の家に滞在しているけど、クラスが全然違う人たちばかり。まだ英語がうまくなかった私は全然話せなかったんですが、学びました。

スポンサードリンク

 

お酒は万国共通


飲めば言葉が通じなくとも、楽しくみんなで一緒に盛り上がれるってこと、わかっちゃいました(笑)。

 時には、常連客の地元のおじちゃんも一緒に盛り上がったりして。あまりの楽しさに、「今日も行くけど、来るでしょ?」と毎日のように誘いが掛かるようになっていて。

みんな「えーまた飲むの?!」と言いながら、

でも、やっぱり来てるし・・・・・

まあ、私もそんな一人でしたけどね(笑)。一緒に飲むことでどんどん仲良くなれたし、みんな私より英語がうまい人たちばっかりだったから、私にとってはだいーぶ勉強にもなりました。

 

GUINESSビールをおいしく飲むには!?


そうそう、ちなみにアイルランドのパブで定番のビールといえば、やっぱりGUINESSビール!

日本で飲んだときは全然おいしいと思ったことなかったんですけど、本場はやっぱり違う!味も濃いし、泡がとってもクリーミーなのです!

日本に帰ってきてからいろんなお店でGUINESSを飲んでみたけど、やっぱりあの味には出会えたことがありません。悲しい。

GUINESSビールをおいしく飲むには、

注ぐのも時間をかけるし、飲むまでにも時間をかけること

のようで。まずオーダーすると、3回に分けて注がれます。なので、オーダーしてもすぐは出てきません。

で、やっと注いでもらって受け取ったGUINESSビールのグラス、見ると泡がしゅわしゅわしてて、ビールの黒さがわからないほど。ここで飲まず、泡が落ち着くまでしばらく待つのがポイント。

泡が落ち着いて、しっかりビールの黒さが見えるようになったところで飲むのが通です!

もしアイルランドでGUINESSビールを飲む機会があったら、ぜひお試しくださいませ♪

 

写真1枚目:The Station House

1

ここのパブにみんなで毎日通ってました。懐かしい。

みんなでバカみたいに毎日飲んでたけど、あの頃の友達はみんな口を揃えて「ビールにお金を使いすぎたけど、でも楽しかったね!」と言ってます。またいつか、みんなで飲みたいなー!

 

写真2枚目:パブの中。

名称未設定

カウンターには常連のおじちゃんたちが、これまた毎日のようにいらっしゃいました。

それに対し、このテーブルが私たちの指定席。いつもここのテーブル席で、10名以上でわいわい飲んでました。そう、GUINESSビールはこれくらい泡が落ち着くまで待ってね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

しのぱん

しのぱんです! エンタメ業界で働きまくった日々をくぐり抜け、英語習得のためにたどり着いたのはなぜかアイルランド。語学学校に数ヶ月通ったものの、そこそこレベルの英語力で帰国。迷った末にワーホリビザを取得して、これまたなぜか再び渡愛。皿洗いで生計を立てつつ、外国生活、ヨーロッパ旅行の日々お気楽暮らし。しかし、気づけば滞在歴トータル2年とちょっと。30歳も超えて、『職業:皿洗い』じゃマズイだろ、と今度は本当に日本に帰国。転職を繰り返しつつなんとか社会に復帰して、たまの海外旅行で満足している今日この頃です。 当時の生活、海外旅行記などを書いていこうと思ってます。あくまで個人的な経験を書いていくのでお役に立てる内容ではありませんが、暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします☆