スポンサードリンク

 

 

 

 

 


アメリカと日本の違い!?

自動販売機事情


アメリカでは日本のようにジュースや水の販売をしている自動販売機って外には全然ないのです!知っていますか?

自動販売機が設置されているところと言えば、デパート内やモールくらいです。日本のように自動販売機が歩いて10歩先にある!なんてことは全くあり得ません。アメリカでは自動販売機の事を(ベンテンマシーン)と呼びます。あー喉が渇いたなー。ベンテンマシーンないの?などと良く言いますが、基本ありません!

喉が渇くならコンビニへ行くのが主流です。コンビニも東京などと違って、コンビニの前には必ず駐車場が設けられているところがほとんどです。沖縄のコンビニの様な感じです。基本駐車場が目の前にあってのコンビニエンスストアになっているので、とても利用しやすいです★21

ベンテンマシーンはアイスクリーム、その他日用品(爪切り、電池、携帯充電器、ライター、歯磨き、石鹸、コンドーム、ガム、リップスティック)などこういった日用品まで備えている自動販売機もあります。日本だとコンドームなんて販売している自動販売機なんて過去にあったくらいで見たことないですよね。でもイザと言うときに便利なものが供えられているので助かります。例えば急な電池切れや。たばこを吸いたいのにライターがない!など。

 

こういった便利商品の販売機はデパートやモールで時たま見かけます。自動販売機のジュースはマジで住宅街でも全然見かけない。高層マンションなどはマンションの1Fに設けられていたりしますが、日本のようなあの蛍光灯の並んだ自動販売機はありません。アメリカの友人でも日本の自動販売機の感動話はよく話題になりますし、過去に学校の授業でレポート提出した際に、先生からAプラスの評価をもらったほど、面白いシステムだと言っていました。

 

自動販売機がない分、アイスクリームトラック屋さんや道端でクーラーボックスにジュース売ってるオジサンなどがたくさんいるんですね。

 

 

 

スポンサードリンク