ロサンゼルス移住生活〜アメリカのホームセンターについてご紹介! 日用品はHOMEDEPOが便利?〜

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 


アメリカ生活で日曜大工に困った時

オススメのホームセンター


引っ越し先が決まり、荷物もやっと落ち着いたのですが、引っ越しの際に事件が起きましたw

テーブルを運ぶ際に、テーブルに思いっきり傷がついてしまったのです。

買って一年もたたないテーブルだったので、どうにか修正したくて、『キズ直し修正ペン』を求めてHOMEデポへ行ってまいりました。名称未設定

アメリカではHOMEDEPOは家電から掃除用具、ハンマーや釘やスノコや電動ドライバー、バルコニー用の人工芝生から、結束バンドやガーデニングなどDIYができる商品も幅広く置いているお店です。私は今回買い物したものは、釘とハンマーに、テーブルのキズ直し、石工ボンド、延長コードを購入。q

ここでちょっとハプニングがありました。私が探していたのが黒い色の修正ペンなんですが、色の表示が黒BLACKではなく、EBONY(イボニー)と表示されていて、30分近く葛藤して探しました。アメリカでは黒BLACKを日用品などでたまにEBONYと表記しているそうです。まったく困ったものでした。傷修正マーカーは英語ステインマーカーで通じますよ。これ6ドル程でしたがかなりお勧めの商品です。w

キズが良い感じに目立たなくなって馴染んでくれます。最初塗ったばかりは、艶がすごくて失敗したかと思いましたが、3分ほどきれいに乾かすと艶も治まって綺麗に修正することが出来ました。引っ越しの際のフローリングの補正などにも良さそうな商品でした。

また釘等は高くてばら売りがありませんでした。沖縄にいた時に、1個単位で釘が購入できましたがこっちはパックになっていて釘やねじのサイズの種類も少なかったし、結構良い値段で販売されているので、ダイソー100円均一で購入した方が良かったかなって思いました。

トイレの便座や水道管パイプ、コンセントの修正カバーなどたくさん置いていたので作業服っぽいメキシコ人がたくさん買い物していました。ガーデニングなど好きな方にはとても楽しめるお店だと思います。肥料なども充実していましたし、見て回るだけでも楽しいお店でした。

 

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

梅子

『梅子です。』 現在LA生活をエンジョイ中。 海外での困ったことや、面白かったネタ、また日本では体験できないことなど、苦労話、または役に立つ情報を皆さんにお届けして参りたいとおもっております。時には日本語講師で外国人に日本語を教えながらと、日々見知らぬ土地で頑張っています。趣味は軍事政治やアメリカの歴史を読むこと。幼少時代からアメリカの文化に興味がありLAへやってきました。多くの日本人が旅や移住で困らないように現地を詳しくレポートして記事にしていきたいと思います。