フランス・パリでのお金を取られた事件簿

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


パリで遭遇したクレーム


私が、フランス・パリを観光した際に実際に遭遇した『お金を取られた』出来事です。友人と観光で行き、騙された!と思ったのがこの2件の出来事です。

最初はルーブル美術館やシャンゼリゼ通りを観光し、その後人気のエッフェルタワーの下まで行きました。※ちょうどこのとき、この位置で詐欺に仕掛けられましたw558349_417477934966139_739273458_n

写真を撮ったり、アイスクリームを食べたりしながら観光していたら、イスラム系3人組の中学生くらいの女性が私のところへ来て、『CAN YOU SPEAK ENGLISH?』英語を話せる?と尋ねてきました。私は、ハイと答え、彼女たちから英語で、障害者へのボランティア活動のお話を2分程聞かされて、紙に署名をお願いされました。私はその時に不信感を抱かず、サイン。子供だからと思い、親身になって聞いてしまったのです。その後に、強制的にフランスのお金、日本円にして2000円を請求され、私が『え?』って顔をすると、手を強く差し伸べ、2000円出せ!と要求されました。意味が解らず、ここで詐欺だと気が付きました!私はいや、これはお金は渡さない!と反撃モードになって、少し大きな声でWTF YOU GUYS DOING?と怒りを表した言葉で反撃。近くにいた白人女性に助けられました。

彼女は、さっき彼女たちに同じ手口に遇い、お金を渡してしまったそうです。それを不審に思い、私のところへ駆け寄ってきて、彼女たちに向かって『お金を返せ!』と要求してきたのです。その途端、一気に3人の子供はダッシュで走って逃げました。その後、近くにいたセキュリティー警察官の方へ通報しましたよ。

エッフェル塔の下ではこの様なクレーム詐欺が存在します。注意したいのは、英語を話せる?と聞かれた際に、NO!と言った方が良いそうです。

この子供集団に騙された経験は初めてでしたのでショックでした。子供を利用し、障害者を利用した詐欺です。気を付けてください!

もう一つの失敗談は、この真っ白な動かない男性。じーーーーっと見つめていて、私は気になって写真を一緒に撮りましょうか?と聞かれたので、『うわーいいんですか?』と喜びながら記念撮影!

206812_459163197464279_624233577_n

そしたら、チップ請求されて・・・ ショック!またかよーと思い、今回はとりあえずポケットにあった硬貨を全部あげました。(笑)

こういうのって本当気を付けよう!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

梅子

『梅子です。』 現在LA生活をエンジョイ中。 海外での困ったことや、面白かったネタ、また日本では体験できないことなど、苦労話、または役に立つ情報を皆さんにお届けして参りたいとおもっております。時には日本語講師で外国人に日本語を教えながらと、日々見知らぬ土地で頑張っています。趣味は軍事政治やアメリカの歴史を読むこと。幼少時代からアメリカの文化に興味がありLAへやってきました。多くの日本人が旅や移住で困らないように現地を詳しくレポートして記事にしていきたいと思います。