家族の絆〜父親が愛娘の世話をする。 数十年後、その役目は入れ替わる〜

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


家族愛と家族の絆

〜父親と娘との間の2コマの心温まるひと時、数十年の時を経て〜


 

名称未設定129あなたが子供だった頃、ママやパパがこんな風に、楽しく食べる工夫をしてくれませんでしたか?

 

きっと時には一生懸命にこんな特殊効果を加えたりして、

名称未設定130

動画URL そんな覚えのある方は、是非以下の動画をご覧ください。

 

 


面倒を見る世代


家族はあらゆる形で、互いにいたわり合うものです。

 

今日、子供と親の両方の面倒を見る新しい世代が存在しています。

彼らは「サンドイッチ・ジェネレーション(板ばさみ世代)」と呼ばれています。

 

サンドイッチ・ジェネレーションとは、歳を重ねていく親の世話をする一方で、同時に子供を育てている成人世代のことです。この状況にある人口はご想像以上に多いと思われます。

 

 

ミドル・エイジの成人の7人に1人が親と子供の両方に対する経済的支援をしている。
 
65歳以上の両親を持つ全成人の68%以上は何らかの形で精神的サポートに時間を割いています。
 
 なぜ、私たちが老いゆく親の世話をするのか?

 

もちろん多くのアメリカ人は、それを社会の責任であると考えていますし、そう考えることもできます。

成人人口の75%は歳を重ねてゆく親を経済的に支える責任があると考えています。

 

きっと、食べ物を口に運んでくれたり、服を着せてくれたり、身の回りの世話をしてくれた子供の頃の暖かい思い出が恩返しをしたいと思わせているのかもしれません。

きっと、私たちをおいて他に選択肢なんてないのではないかと。

 

理屈じゃなくて、ただ愛しているということかもしれません

 

名称未設定131画像URLhttp://upw-prod-images.global.ssl.fastly.net/nugget/554113b7643265002c8f0100/attachments/AgingCare-397fe31f7cebeaeb08f56cc0b01f7d7b.gif

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

BAZINGA!

大学卒業後南カリフォルニアの某大学へと留学。2年後帰国して、広告、プロモーション、企画開発、貿易と数社を渡り歩き実家の会社を継ぐも、フリーランスの虫が治まらず翻訳・ライターとして孤軍奮闘しています。 “現在、シェルドン・クーパー博士(カリフォル二ア工科大)と論理物理学による宇宙の法則解明中です。”・・・ BAZINGA !