世界を変えた6人の旅人の名言⑹ 所持金6万で世界一周スタートした男 ジェイソン・ルイス

http://www.jasonexplorer.com/wp-content/uploads/2012/06/2721f2_du_first_xing_attempt.jpg

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


所持金6万で世界一周?


 

『世界一周99万!』

日本人ならこんなポスターを1度は目にした方は多いのではないか?99万なら割と現実的な数字だし、これに申し込んで『世界一周したい!』なんて思った方も多いのでは?

しかしジェイソン・ルイスが世界初の人力での世界一周の旅にロンドンから出発したとき、所持金はわずか6万円ほどしか持っていなかった。13年後、風やモーターをまったく使わず自転車、徒歩、ローラーブレード、カヤックのみで37カ国、74842キロを旅し終えたとき、彼の名前はギネス世界記録に誇り高く刻まれていた。ジェイソンは二酸化炭素を生み出さない旅のパイオニアとして37カ国900校もの学校で環境保全についての講義を行っていた。

 

 

自転車で世界一周?


ジェイソンが旅に出たのは26歳のとき。小さな清掃ビジネスを営んでいたがそのまま続けてもどうにもならないような嫌な予感がしていた。このままだとイギリスという場所に一生閉じ込められる。ジェイソンはどうしても外に出て世界が見たかった。友人のスティーブ・スミスとビールを飲んでいた午前2時、人力での世界一周のアイデアが突然降って湧いて出た。その後2年間かけてスポンサーを探しに奔走するもイギリスには誰も興味を持ってくれる人はいなかった。

ジェイソンもスティーブも長髪にタトゥーといういでたちで、どう見てもまともな企業がサポートするような感じではなかったのだ。結局家族や友人から200万の借金をして自転車、ボートなどの物資を購入。どうなるかわからないけどとにかくやってみるしかなかった。

4年半後、親友のスティーブが故郷に帰ったあともジェイソンは旅をたった一人で続け、13年後の2007年、旅が心底嫌になったころ、ロンドンのグリニッチからようやく帰国したのだった。

 

 

 

人力のみで世界一周した旅人ジェイソンの名言


 

旅の1時間をまかなうのに3時間の資金集めの時間が必要だった。だから世界一周するのに13年もかかったんだ。

 

1http://www.bbc.com/travel/bespoke/story/20150326-travel-pioneers/jason-lewis/media/165_tb_j_and_s_break_roadside1-mr_oaoyeel.jpg

 

僕はいつも持続可能性というものに興味があった。自分のカーボンフットプリントについていつも考えているし、何を排出しているのかを考えずに消費しないようにしている。

 

2http://www.bbc.com/travel/bespoke/story/20150326-travel-pioneers/jason-lewis/media/18_fish_j_hldg_flyng_f-mr_muc9gmf.jpg

 

僕らが種として生き延びることができるかどうかはすでに持っているけど忘れてしまっているような知識にかかっているのだと思う。

3http://www.bbc.com/travel/bespoke/story/20150326-travel-pioneers/jason-lewis/media/2421a_du_compass_chart_shot-mr_xfgxjih.jpg

 

僕は世界のある一定の地域で育ったときについてくる先入観や偏見からは自由だと思う。
 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。