アイルランド留学生活Vol.40 〜長期滞在のうっかり⑵〜

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


アイルランド長期滞在

フライト変更手続きは面倒くさい!


 

さて、前回の記事で、フライト日を勘違いしていたというお話の続きで。

 

完全に気が動転した私。どうしよう、どうしよう…。いや、ちょっと待て。こういうときに焦ってもロクなことにならない。落ち着け、私。うーん、どうしよう。ネット回線持ってないから自分で調べられないし、ハウスメイトで持ってる人がいるけど、出かけてるみたいだし…。そうだ、さっき一緒にご飯食べてた日本人の友達、家でネットが使えるから、その子に電話して、他に問い合わせ番号ないか調べてもらう!ってなわけで、友達に即電話。

 

友達「あーしのぱーん。どしたのー?今日のご飯、おいしかったねぇ」

 

うわーん、それどころじゃないのよーう!実はね、かくかくしかじか…

 

友達「え!?マジ!わかった、見てみるよ」

 

(しばし検索)

 

友達「うーん。なんかそれらしい電話番号見つからない…Webからチケットの変更できないかな?そういうページも見つからないんだよね。。どうしよう、今からうち来る?」

 

うん、そーする!!ありがと!!

 

というわけで、慌てて出かけようと部屋を出たら、そこでハウスメイトに遭遇。「出かけるの~?(=飲みに行くの~?)」と声をかけられたので、わーん違うのよーと、状況を説明。すると「ネット回線持ってる子、たぶん今寝てるから起こしてくるよ」と!そーなんだ、ありがとう!!

 

そんなわけで、ネット回線を拝借。友達には「家でネット使えるようになったから、ウチで頑張る!」と電話を入れ、サイトの検索開始。1うーん。やっぱり問い合わせ番号らしきもの、ないなぁ…フライト変更っていうページもないし…もう一回アイルランドのオフィスに電話してみるか。どうせ出ないだろうけど…

 

って、人、出たっっっ!!!2

 予想外の展開に、若干おかしな英語を発する私。でも、何とか、変更手続きをお願いした。

スタッフ「予約番号を教えてください。」

 

えっと、これかな。

 

「そちらの番号ですね。ご希望の出発日はいつですか?」

 

んー、この日でオネガイシマス。

 

「しばらくお待ちください。」

 

しばし待つ。

 

…しばし待つ。

 

…結構待つ。だ、大丈夫かなぁ?(不安)

 

「こちらのチケット、日本のオフィスでないと変更手続きができないですね。こちらからメールしてもいいけど、時差もあるし、直接電話してもらった方が時間のロスがないと思いますよ。番号は…」

 

と、日本の問い合わせ番号をゲット!番号復唱してメモったし、間違いないはず。

 

「日本のオフィスは8時から開いていると思うから、数時間後にかけてみてください。」

 

わかりました!アリガトウゴザイマスーーーー!!

 

そんなわけで、2,3時間ほどネットサーフィンして時間をつぶし、夜中12時をまわった頃。日本とアイルランドの時差は(サマータイム中は、)8時間なので、さっそく日本に電話!

3 

…出ないじゃんよ。。

 

と、何度かかけてみるものの、出る気配なし。留守電にすら切り替わらない。。うーん、コマッタ。。でもさ、普通に考えて、日本のオフィスでお客様対応窓口が朝の8時から開いてるか?そんなのあんまり聞かないよね。電話応対してくれたスタッフも、「8時からだと思う」って言ってて、断定はしてなかったし。(←たぶん。)営業所って早くて9時からだよね。うーん、1時間後にかけてみよう。

 

そうして夜中の1時過ぎ。(日本で朝9時。)もう一度かけなおして、ようやく人が出た!あの、チケット変更したくって、でも日本のオフィスにかけてくれって言われて、と状況を説明すると、「かしこまりました。でも、担当者は10時出社なのでもう一度かけなおして頂けますか?」と。内心、え。。そっちからかけてくれないのか。。と思いつつも、絶対変更しなきゃだから「わかりました」と。さらにまた1時間待って…って、眠くなってきたけど……。…。はっ!いかん。ここで寝てしまってはいかんのだよ!

 

と、睡魔と格闘しながらさらに1時間後。再度日本のオフィスにかけ、やっとのことで「かしこまりました。ご変更承りました」と、変更完了!って、手続き完了させたときは既に夜中の3時もゆうに回っていて。。もう眠いよー。。でも「念のため、確認のために現地のオフィスに確認の電話、してくださいね。」って言われたから、もう一回朝電話しなきゃ…zzz…(気絶)

 

そして、約4時間後。アラームの音で目を覚ます。当然、寝起きで頭が働くわけもなく、20分くらいぼーっとしてからようやく現地オフィスに電話して、チケットの変更ができていることを確認。よかったよーう!ちゃんと変更できてた!!

 

そんなわけで、何とかギリギリ日本の(1回目の)帰国便チケットは無事に確保できたのでした!いやーしかし、今回は長期滞在ゆえに、フライト日と保険が切れる日を勘違いしていたのがそもそもの原因で。。思い違いというのはよくあること。長期滞在の場合は、ときどき帰国便のチケットを取り出して、日付を確認しておくことが必要なのかもしれません。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

しのぱん

しのぱんです! エンタメ業界で働きまくった日々をくぐり抜け、英語習得のためにたどり着いたのはなぜかアイルランド。語学学校に数ヶ月通ったものの、そこそこレベルの英語力で帰国。迷った末にワーホリビザを取得して、これまたなぜか再び渡愛。皿洗いで生計を立てつつ、外国生活、ヨーロッパ旅行の日々お気楽暮らし。しかし、気づけば滞在歴トータル2年とちょっと。30歳も超えて、『職業:皿洗い』じゃマズイだろ、と今度は本当に日本に帰国。転職を繰り返しつつなんとか社会に復帰して、たまの海外旅行で満足している今日この頃です。 当時の生活、海外旅行記などを書いていこうと思ってます。あくまで個人的な経験を書いていくのでお役に立てる内容ではありませんが、暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします☆